歩き遍路ファイナル 遍路モドキ帰る 完

  • 2015.03.20 Friday
  • 01:29
 かすかに覚えている思い出記録ファイナル

2月25日(水)
本日の思い出一番
柏坂遍路道


6:10 ヘッドランプを着けて出発
6:25 野口雨情の詩がまず迎えてくれる。これから8本の詩が所々に遍路を慰める。


まあ、もう一本ぐらいアップしておこうか


野口雨情が、ここに滞在していたなんてちょっと信じられないだろう。


8本ばかり楽しみながら詩の世界楽しんで登る。


しかし、昨夜はテープ等が無くなり足のメンテができなかった。
脳細胞も悲鳴を挙げるよう命令する。
その命令を拒否したり、受諾したり・・・闘いは続く。

8:20 柏坂の稜線上の痩せ尾根。
ここは2回目である。歴博友之会で歩いたことがある。
大好きな遍路道である。


上畑地に下りて遍路道を歩く。
10:00 鴨田の遍路休息所。トイレ有り。
直売所で行動食をゲットして20分ばかり休む。

松尾峠遍路道も野井坂遍路道も歴博友之会の活動で通ったが、
真念に敬意を評し、満願寺・野井坂遍路道を通ることにする。
で、山越えで県道46号線繁近に出る。コンクリ道の涙道。

11:50 満願寺 着 12:10 出発


心清けれど足痛し。




野井坂は落葉に覆われ、その下の浮石や木の根は全く見えない。
通る人も少ないのであろう。


たびたび、足は悲鳴を上げる。
山道の方が辛いのではと感じたのは初めてである。

しかし、これこそ遍路道には相応しいのかも知れない。
物見遊山の旅ではない

石丸までは、旧道を歩きそこから56号線を歩く。
若干書かれている遍路道とは異なる。

15:00 遅めの昼食で腹だけは元気になったが、足は辛いと嘆く。
もう、励ましようがない。ただ、自宅に向けて歩くだけ。

犬飼自転車店前でSyoryuさんの車に出会う。
禅師峰寺でも会ったし、取り憑かれたか?
足の痛みでしかめ面をしている写真を撮られる。(×_×)
こりゃ無いだろう。



それからは近道をしながら、開始時に通った八幡様の前を通り帰宅した。

これで遍路道は繋がった。\(^-^)/

帰宅時間17:10

本日の歩行距離38卍度  歩数58675歩


遍路劇場 完




歩き遍路ファイナルステージ癸機40番観自在寺

  • 2015.03.19 Thursday
  • 00:41
 かすかに覚えている思い出記録

2月24日(火)
本日の思い出一番
土佐国と伊予国の境、松尾峠
遍路道として最も品格・風格がある遍路道の一つである。



6:30 薄暗い中を民宿嶋屋を出発。
東京遍路さんと佐伯遍路さんは少し前に出発。
背中を追いながらの出発であったが、足の調子も悪く見えなくなってしまった。

Going my way

宿毛の貝塚に近いローソンでコーヒタイム。15分間。
行動食等も買い込む。

9:00 小深浦の遍路道
なかなか好いじゃない!


9:20 大深浦の松尾坂口番所跡説明版


説明版を読むと、普通の陽でも200人の旅人が通っていたとある。
多いときには、300人。
如何に幹線道路とはいえ、幕藩体制の中で、
伊予の国との境でこれほどの往来があったとは、驚き以外何者でもない。

こんな事よりも今の私は、前に進むが大事。


ゆとりがなかったのか?写真を撮っていない。(; ;)ホロホロ

10:10 松尾峠 

昔は、さぞかしこの茶屋も賑わったことであろう。


大師堂跡。
休息所で、佐伯遍路氏に出会う。
東京遍路氏は先に行ったとのこと。



説明版を読みながら当時に想いを馳せる。
その時間15分間。すこぶる足痛し。

最高の雰囲気を醸し出している松尾峠。
どんなドラマを見てきたのであろう。


10:35 出発


一本松に入り佐伯遍路氏と再び出会い、40番観自在寺まで道を共にする。



13:40 第40番札所平城山観自在寺 着


佐伯遍路氏は打ち終えて、民宿磯屋へと向かわれる。
後ろ姿のしぐれていくか?

 遍路モドキは、内海柏まで行っておかないと、・・・・
明日、足の調子によっては野井坂を超えるのに暗くなる恐れがある。


88カ所最後のお寺は味わって打ち終える。
打ち終えたが、特段の感激も特別の感情も何も興らない。
こんなものか?

14:40 さあ急げ急げ!!

15:00 少し遅めの昼食。懐かしき星遊会指定大介で摂る。
セルフうどんソバ入り。


ここで、宿泊予約を入れるが
かめや旅館は都合により本日休業
で、東京遍路氏に聞いていた柏坂にする。

17:30 柏坂着
ザック等荷物を置いて、A氏の墓参り。
酒とビールとつまみを買って、大急ぎでお寺に行き
酒を伴にす。

18:00より夕食。
東京遍路氏

その向こうに、名古屋遍路嬢。
今夜は3人の客らしい。
ここの主人とおかみさん


なんと、Heeさんもここに4回も泊まられたとのこと。
その足跡も残っていた。Heeさんシール


このシールを剥がしている寂しい大阪人の話で東京遍路氏と盛り上がる。

シール1枚がどれだけ遍路に安心と前に進む勇気を与えていることか?
これについては、佐伯遍路氏とも道々話もした。
フランス・デンマーク・アメリカ・カナダのお遍路さんにもあったが、
それは国を問わず同じなんだ。偏狭な意識を持つ彼らを可哀想と思う。

彼は、遍路10回目とのこと。
立派なお四国病患者。

明日は、クレメントに泊まるとのこと。時間が許せば訪ねていきたいが・・・


本日の歩行距離36卍度   歩数66584歩

歩き遍路ファイナルステージ4 土佐清水〜39番延光寺

  • 2015.03.18 Wednesday
  • 00:37
 かすかに覚えている思い出記録

2月23日(月)

6:00に出発した。
が、以布利の外れに出るつもりが道を間違え土佐清水市の
足摺食堂横に出てしまった。????
1時間ばかりのロス。
結局7:00出発と同じ(>_<)ヽ ナケルゼェ


昨夜、思い直して真念庵の納経所に寄ってから、三原村に入る計画に変更した。
それが悪かったのか?

始めの計画通り、益野・今の山経由で山越えの道を行くことにする。

松崎海岸 7:50 休息     8:00出発


ジオパーク。
星遊会指定のハカセバエで見ることが出来るので珍しくもないが・・・


9:55 お藤がトドロ
民話の舞台になった淵があるらしい。
勿論、寄り道をするほどのゆとりはない。
出来るだけ、39番延光寺の近くまで、可能なら打ち終えていたい。

20卍の緑資源幹線林道(旧大規模林道)を一気に駆け抜けたい。
ひたすら前に進むだけである。

11:50 標高646m。  やっと三原村の境界線に着いた。
後は下り坂。小走りで行こう。皆尾のタキ山橋までは7匱紂
このあと写真はない。
40分で皆尾に下りた。
12:30〜12:45 道の縁に座り込んで休む。

ここから延光寺までは15丗らず。

何とかギリギリで間に合う距離である。ただし、昼食は無し。
最小限の休息しか取らない。
小走りが出来るところは走る。
宿毛市との境界線で宿泊の判断をする。


で、中筋川ダムの橋の上から、お寺に一番近い民宿嶋屋に電話して予約。
OK。

後は、出来るだけ16:30頃に着くように歩くだけ。

16:30 第39番札所赤亀山延光寺 着


 所々を小走りして、2回ばかり小休止して、何とか間に合った。お大師様のお陰。

お寺でゆっくりお詣りして、民宿に向かう。



これにて、修行の道場は終わり。
長い長い道だった。


17:10 すぐ近くの民宿嶋屋に向かう。



本日の歩行距離 46卍度  歩数126847歩




歩き遍路ファイナルステージ 38番金剛福寺〜土佐清水

  • 2015.03.17 Tuesday
  • 00:57
 かすかに覚えている思い出記録3

2月22日(日)

 朝食はおにぎり2個だけ。部屋で食べて・・
6:05 民宿出発。
雨は降っている。ゴアテックスとヘッドランプを着ける。

朝食はたっぷり摂らないといけないタイプ。
コンビニも食堂もない。歩け歩け。
気にするのは食料品店か食堂。

7:40 トイレ休息。善根宿発見。


と言うか、簡易トイレをお借りしようと挨拶すれば・・・、
「寄っていき」と若くはない方からお誘い。

で、善根宿に気が付いた。(笑)


漫画家兼管理人。
黒咲一人氏

話していたら、中から人の気配がする。
若者が泊まっている。

かなり、昔は売れていたような・・・。

色々な人生を語っていただき・・30分ほど休んで出発。


中にいた若者は、雨なので本日は沈殿するようだ。



8:05 善根宿出発



足摺岬手前
8:58 こんな遍路道もある。

これも有りだろう。

万次郎銅像

9:10 第38番蹉陀山金剛福寺 着



 余りにも綺麗に整備されたお寺。綺麗すぎる。

遍路モドキには不釣り合い。



ほらほら。
上品な貴婦人。

百姓モドキは、羽織・袴でお詣りしなくてはいけないような感じ。

ヤダネ!!

でも、納経帳はお願いする。

9:40 金剛福寺出発



11:05
松尾の遍路道
ここも面白い道である。





















11:40
細切れのように山道がある。
無いよりマシであるが何とかならないものかね?


12:50
中の浜からの遍路道。ここは2丗らずの山道が続く。
良いものだ。
木々と野鳥とお大師様と一体になる感じ。
足にやさしい遍路道。


13:20 黒潮市場着で、遅めの昼食
清水サバぶっかけ丼
外は強風&雨。ゆっくり味わって食べて寛ぐ。
時間が経つにつれ、先に進むテンションが上がらない。
 
もう、やめやめ。今夜の宿を探すことにする。
ビジネスホテル南城に決定。素泊まりで失敗。
しかし、食事付きもいいが素泊まりもいい。


いいや、そんなことでなく本日は日曜日。
で、「ほざき」も「足摺食堂」も休みであった。

結局、ホカ弁で弁当とつまみを買って部屋で虚しく・・・
三原村に進む意欲の減退をお大師様はお叱りか?


本日の歩行距離25卍度 歩数49186歩
 

歩き遍路ファイナルステージ2

  • 2015.03.16 Monday
  • 00:00
 かすかに覚えている思い出記録癸

2月21日(土)

6:10 民宿みやこ出発。ヘッドランプを着ける。

7:00    
太子堂近くより東方を望む

カメラを向けるお遍路さん。


入野松原ではすでにサーファーが波を楽しんでいる。


次々に集まってくるサーファー。

ここでは昨年に瀑さんがキルトだったかシャツだったか写真を撮っていた。
かれらをしばしながめて、松原の遍路道を歩く。



この松葉ロードで地元のヤングモドキメッチェンウオーカーに出逢い、20分ばかり話ながら歩く。

毎日2時間ぐらい歩いている。高血圧で薬を飲んでいたのが全く必要なくなった。
(うんうん、ためしてガッテンでも言ってたよね。)
(体調も良くなった)
(うんうん、歩くことが足の使命だよね。大いに、活躍の場を与えてあげなくては)
(私も、歩き遍路行きたいのですが・・・母の介護が・・・)
(うんうん、色々みんな家庭の事情や身体の事情があるからね)
(うんうん、私も叔母がいて1週間程度の区切りでやってるよ)

などなど、高度な政治問題や社会問題を話ながら・・あっという間の時間。

ここはゆっくり行かないとお大師様に怒られそう。


ここからでも、38番金剛頂寺までは40厖召蠅△襦

出来るだけ、先に進んでおきたいが・・・・







10劼阿蕕ぜ蠢阿離撻鵐轡腑鵐汽薀いベストであるが、歩きに目処が立ってから電話することにする。


8:35 名前に惹かれ休息
観海観波
靴を脱いで足のメンテを行う。
8:50 出発



四万十大橋を通るコースを選ぶ。
下田の渡しは興味があるが、もしタイムロスが出れば勿体ない。

10:30 四万十大橋の手前休息所で軽く昼飯。
その下の道の駅で美味そうな安い弁当を買う。
内容は何であったかは忘却の彼方。((T.T))



321号線を西へ西へ

余り行く気はなかったが、市野瀬分岐で気が変わり真念庵に足を向ける。
12:55 着



庵の前には菩薩が並ぶ。

ここを映したテレビを見たが、実際とテレビとでは大違い。

作法通りのお詣りをして納経所に向かうが・・


押せども押せども返事はない。

玄関は空いているが、人影は無し。

で、結局諦めて・・・

321号線に帰る。

市野瀬休息所でトイレ休憩。
ここで、ペンションに電話するが満室。
次善の宿は、民宿紆海(うみと読む)
ここに決定。12卍度あるが仕方なし。

ドライブインが開いておればゆっくり昼食を摂ろうと思ったが休み?閉店?

15:00 久百々の山道より西方を望む


16:05 大岐海岸を望む


所々、山道の遍路道があり少しは悦びもあり。

が、油断していて大岐海岸の遍路道をロストして町中を歩いてしまう。(爆涙)
言うなれば、四角形の三辺を歩いてしまう。((; ;)ホロホロ)

以布利遍路道でヘッドランプを準備する。
海岸を通ったり山道を通ったり・・点灯
県道27号線の分岐に出る頃は真っ暗。

19:10 民宿到着
本日の歩行距離40卍度  歩数69298歩 

部屋に用意していただくが食事は寂しい。昨日の反動か?
世の中、そう上手くはいかない。

歩き遍路 ファイナルステージ1

  • 2015.03.15 Sunday
  • 02:05
かすかに覚えている思い出記録1

 
2月20日(金)
宇和島発5:40
かみさんの車で江川崎まで行き、6:32に乗る。


窪川着7:27

さあ、いよいよファイナルステージの開幕。
最後の修行である。

わずか3寺ではあるが、歩く距離は200劼个りある。


本日は初日、無理はしない。
25辧30卍度の適当なところまでにする。

56号線を西に西に歩くことになる。
1時間余り歩いて、峰の上バス停近くで山道に入る。


倒木を越え、くぐり抜ける所も所々あり面白い。
山道を下りると、西尾自動車の休息所があり休息。
簡易トイレも設置されている。有難し。


再び、56号線を歩くことになる。

このような、説明は非常に助かる。



14:00   西南大規模公園佐賀の休息所 着。


西方、佐賀方面を望む。

東方、伊の岬方面を望む


ここで、旧大方町の民宿みやこを予約する。

17:20 民宿到着。
食事は充実している。次もここにお願いしよう。

本日の歩行距離31卍度 歩数70,000歩??



歩き遍路第6ステージ閉幕 須崎〜37番岩本寺〜自宅 

  • 2015.03.11 Wednesday
  • 14:40
 忘れたころの思い出記録癸

2月14日(金)

第6ステージは、7日に由岐駅から37番岩本寺まで8日間を要した。
区切り打ちをするなら、我が家に帰るにはここ窪川がベスト。

叔母もさぞかし待ちくたびれていることだろう。

本日は、岩本寺まで概ね35卍度。
お参りしてからJRに乗った方が次が楽。

で、朝食を適当なところで摂ることを考えて、まだ暗い6:10発
近くに、○○○フルがあった。ここで食べて道の駅で大キジ打って・・
7:00 改めて出発。

専ら歩くだけ。ひたすら歩くだけ。前へ進むだけ。

8:00 焼坂遍路道は21カ所の土砂崩れで通行止め。
そうは言いながらも、今までも通ってきたが・・
今回はこれだけもあるのなら止めた方が良いとお大師様の声

久礼の町中を通り過ぎ、大阪遍路道を進む。
10:45 


こんな所ばかりだとずいぶん楽なのだが・・

こんなのはほんの一部。

11:35 石神様


在家の研究者が記録を拾って整備したそうな・・

12:20
行動食が少なく、腹減って腹減って・・
24匐瓩の椿食堂で昼食
カレーライス大盛り
13:00出発

先に行くことに気を取られていたのか?何故か?写真がない。
もっと撮ったような気がしているのだが、某国サイバー部隊に消去されたか?

影野小前の遍路道は見過ごしていまい、国道56号線を歩いてしまった。(; ;)ホロホロ

14:10
道の駅アグリ窪川で肉まんと豚の串焼きを食べる。
ここに来たときの私の定番。
14:30出発

15:20 第37番札所藤井山岩本寺 着



15:50岩本寺出発 JR窪川駅に向かう。

次の宇和島行きは、16:58。

かみさんに松丸まで迎えに来てくれるようメールする。
松丸着18:09 これが、一番効率的な帰宅方法。
ぽっぽ温泉で足を慰労してやっての思いは・・・
かみさんに届かず。(>_<)ヽ ナケルゼェ

かみさんはポッポに行く準備をしていない。
家で風呂を準備して、ビールを飲むとメールの判断したようだ。
温泉好きのかみさんからは考えられない行動。

温泉に入らず、帰宅することとなった。
Oh my god

第6ステージは、おそらく290卍度歩いている。
まさしく、修行の道場に相応しい。
往復の交通手段を考えると、毎日平均40卍度歩いていることになる。

第7ステージは3寺残っているに過ぎないが、歩く距離は200劼呂△襦
まだまだ、修行の道が続く。




歩き遍路第6ステージ 35番清瀧寺〜36番清瀧寺〜須崎

  • 2015.03.11 Wednesday
  • 09:38
 忘れたころの思い出記録癸

2月13日(木)

6:30 ホテル出発 まだ薄暗い。
本日は須崎まで行くことにしている。
概ね41卍度。今の足では、時速4卍度になる。

7:50 第35番札所醫王山清瀧寺 着


山上からの展望は素晴らしい。土佐市街を望む


消防車が待機?



8:20 清瀧寺出発 土佐市街までは同じ道を通ることになる。

土佐市街でウロウロして最短距離は通れなかった。
これはこれで良し。だが足は嫌がる。しっかりしろよと苦情。
御免御免。テーピングしてやるから。

ひたすら、県道39号線を宇佐に向かう。

塚地坂の遍路道の入口の休息所でトイレ休憩。
ここは泊まることが出来るが、この時間では話にならない。

鹿児島からの逆打ちの若くはないお遍路さんに会う。
6回目だと言われる。
自転車で松山まで来たが、自転車を盗まれ逆打ちの野宿の遍路。
「申し訳ありません。愛媛の人間でして・・・」
荷物も半端じゃない。両手に荷物も提げている難行苦行の感。
ここの写真がない。この方も撮させていただいおればなあ〜。

ショックやら何やらで撮すことが出来なかったか?

塚地坂遍路道は最高。
綺麗に整備されているのが贅沢な難点か?(苦笑)

ヤイロチョウが飛来するとも書いている。野鳥も多い。
様々な鳴き声がするが、ヒヨドリ以外は分からない。


11:05 塚地峠 着

こんなところを、相原先輩や瀑さんと歩けたら・・・
最高の遍路となるだろう。

贅沢言えば、近藤さんとなら至福の悦び、などと考えながら・・













展望台より、宇佐湾、宇佐大橋
36番清瀧寺方面を望む

11:20 塚地峠出発


12:10 宇佐のローソンで昼食。
食べることが出来るようテーブルが結構準備されている。
12:40 出発

宇佐大橋を渡って、すぐに井尻の部落を通り旧遍路道に入る。
これは、地図には載っていないが偶然説明版を目にした。
これを出さないなんて、「へんろみち保存協力会」も何としたことか?



13:30 第36番独鈷山青龍寺 着


まさしく
 Syoryu temple

名は体を表すで品格ある寺(笑)


14:00 奥の院に進む遍路道を歩く。
ここは天国であるが、横波スカイラインに出ると
ず〜〜と、地獄のコンクリ道。
ただただ、須崎まで歩くこととなる。


15:00 帷子 着。
10分休息

ロケーションは素晴らしいが、
足は最悪。

休みの後の10分ほどは辛いこと辛いこと。

後は痛みが麻痺してくる。

16:10
武市半平太像
海に向かっているが、向かう方向は東じゃないのか?

清瀧寺より8.7卍度。

東京の高校生と話す。

あと須崎までは14卍度

小キジを打って16:30出発

下りは小走りをして、距離を稼ぎ
17:50
県道23号線切畑分岐のバス停から電話して、ビジネスホテルさつきを予約する。
相原先輩のラーメン屋が近くにあるで決定。

そろそろ暗くなる。ヘッドランプを用意する。
これから7卍度であるが、暗くなって近道をロストしてしまい、思わぬ時間が掛かった。

19:50 ホテル着
すぐ隣のラーメン屋でビールとホルモンラーメン大盛りとスジ煮込み。

足の慰労で特別にビールもう一杯。
私の慰労は辞退する。良くできたお遍路さんである。

本日の歩行距離45卍度、歩数118.000歩ぐらいか?




歩き遍路第6ステージ 30番善楽寺〜34番種間寺

  • 2015.03.10 Tuesday
  • 00:19
 忘れたころの思い出記録5

2月12日(水)

レンタルマンションに入ったようで、気楽に一夜を明かせた。
これはこれで面白い遍路宿か?

6:50 レインボー北星 出発
気が付けば、一宮神社に入っていた。変な横道から入ったようだ。

7:00 第30番札所百々山善楽寺 着


早朝のお参りは実に気持ちの良いものである。
自然に声も大きくなってくる。
7:40 善楽寺出発




で、先程間違った一宮神社。格式のある神社のようだ。
土佐神社




9:20  第31番札所五台山竹林寺 着


6.6劼1時間40分
足の調子悪いなあ〜
短足ピッチ歩行でやっているのになあ〜
何故か竹林寺の写真がこれしか見当たらない。削除したのか?
文殊菩薩様が自ら消えていったのか?


遍路道でお接待をしている今井さん
宇和島にも10回ほど行ったことがあると言われる。
30分ほどお話を伺う。
一宮神社で育ち、境内が遊び場だったといわれる。縁であるなあ〜。


心は進みたいと思うたが、この30分が思わぬ出逢いとなった。


11:40 第32番札所八葉山禅師峰寺 着 


あの30分のお接待が、ここで思わぬ出逢いがある。

南無大師遍照金剛

Syoryuさんファミリー

こんな事ってありか?
百千萬劫難遭遇

ご縁があったようですね。

可愛い奥様とイケメン息子と娘も同行。

一方、こちらは疲れ果てているお遍路さん。
足が痛いと10圓曚匹離競奪さえツライ。
12:00 禅師峰寺出発

で、慰めの立て看、望ましい遍路道(へんろどう)。


こうはなかなか行けないが・・・・心構え!!

種崎渡船場に着いたのが13:30
ここは無料の渡し船が運行されている。

出航時間は14:10。

休息できるが時間のロスはある。
浦戸大橋を歩いて渡るよりも今の私にはいい。


10分で対岸の長浜に着く。


14:30 第33番札所高福山雪渓寺 着

渡船場からすぐ近く。




14:50 雪渓寺出発
これから34番種間寺までは6匸々ある。16:30までに打てるかが問題。
とにかく今夜の宿は、打ってから考えることにする。
近くには宿は無いようだ。打てなければどうするか・・
とにかく足が痛くとも急ぐことだ。

16:25 34番札所 本尾山種間寺 着



入り口の店で、バナナと飴のお接待を受ける。
ビジネスイン土佐を予約する。素泊まりで、隣りに居酒屋があるとのことで一安心。

16:50出発


17:30 仁淀大橋より日の入りを望む


18:50 ビジネスイン土佐 着

本日の歩行距離35卍度  歩数36180歩

歩き遍路第6ステージ 28番大日寺〜29番国分寺〜善楽寺門前

  • 2015.03.09 Monday
  • 15:56
忘れたころの思い出記録4

2月11日(火)

今日は、30番善楽寺近くのレインボーに泊まろうと昨夜決めていた。
そのためには、16:30までには29番国分寺を打っておくのが絶対条件。

国分寺までは、34卍度。足の調子は余り良くないわけで・・・
打ててなくて、翌日国分寺まで引き返すのはまっぴら御免。

6:45 ヘッドランプが要らない程度の明るさで出発

8:30 赤野休息所でトイレ休憩
♪海は広いな大きいな♪♪






  芸西村の遍路道は、コンクリ道ではあるが素晴らしい。
が、落ち松葉を意図して歩く。
休息所もトイレもよく目にした。

芸西村西分

  昨夜キャンセルが無かったら、ここの善根宿にお願いするつもりだった。

畑の中から休んでいきませんか?
と声掛けされたが、清貧遍路モドキは急ぎ身なれば・・・と先を急ぐ。


しかし、今思えばお話を伺うべきであった。

遍路道がまだ身に付いていない遍路モドキである。



13:20 第28番札所法界山大日寺 着 
24〜25劼6時間30分程度掛かっている。
余り、良いペースではない。やはり、コンクリ道は足の負担が大きい。







    
 13:45 大日寺 出発

 さあ、ここからは9厖召蝓D柑劼良ければ2時間でゆとりを持って行ける距離だが、今の私には自信がない。



14:40 松本太子堂

10分休息

個人の善意で近く畑の中にトイレが設置されている。

ありがたや、ありがたや


14:50出発
後は一気に国分寺まで!

15:00 龍馬空港に着陸態勢に入った飛行機。
香南市から南国市にかけて何機か見ることが出来た。

 

15:50 
第29番札所摩尼山国分寺

レインボーに電話して予約する。

16:15出発


 善楽寺までは7匱紂
打つのは無理だから、元親様を思いながら岡豊城址を下から眺めながらゆっくり歩くことにする。




 17:50 レインボー北星に入る。
 民宿と言うよりレンタルマンション的。
これはこれでいいかも。部屋は二つあり1人ではもったいない。
洗濯機は二階の部屋の中にあり、乾燥機は一階の外にある。

 本日の歩行距離40.6卍度  歩数45781歩

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM