Keikoのラスク

  • 2008.12.13 Saturday
  • 10:40
「祝賀会」が開催された。豊町会の旧交会もついでのモチ。


参加者は21名

 
 その時に、特別に「Keiko先生の手作りラスク」をいただいた。パーティー用に作成したものを一袋。仲間に好評で、はや2回もやったらしい

(写真を見せてもらうだけで、匂いも味もしないとブツブツ言った効果が出たか?)

 
 が、祝賀会及び旧交会の終了後、つい1枚、又1枚。

 かみさんが迎えに来て、二人で1枚又1枚。減っていく。
結局、これだけしかなくなった。

ジャパニーズワインにも合う。城川郷袋搾り「別吟」がすすむ。

 これならば、わざわざ山形から購入する必要もない。いつでも、手作りラスクでワインパティーができる。

 フランスパン薄く切り、130度の低温で何分か焼き、溶かしバターを均一に塗り、スリにんにくをなどと説明はあるが・・・・・・。

やはり、新米主夫はレシピがないとまだまだ。

早く来い来い、ラスクレシピ。

祈りをかけていたら、ツブセ磯から帰ってメールを確認すると来ていた。

「こんばんは、先日はありがとうございました。遅くなりましたがレシピ送付します。
尚、あんこの作り方は"三間の味”p34に書いていますので見てください。”三間の味”差し上げていますよね。----?
もしなければ、連絡ください。それで、わかりにくければ写真入りの本がありますので。スキャンして送ります。
ラスクの写真は20日頃又、焼きますのでその時きれいに撮ります。」


★ ガーリックラスク

材料
フランスパン ・・・・  1本
にんにく ・・・・・・  3カケラ
バター ・・・・・・・  30g
パセリ ・・・・・・・  5〜6本
   (葉のみじん切り)

作り方
1) フランスパンは、5mm厚さに切る。
 (厚いとカリッとなりにくい)
2) 1)を130℃オーブンで15分焼く。途中2回裏表を返す。 (オーブンによって癖があるので焦げないように調整する。)
3) バターをレンジで溶かしておく。
4) にんにくはすりおろす。
5) 溶かしバターに、にんにくのすり下ろしを加え、  2)のパンがパリッとしたら刷毛で片面にぬる。パセリも中央に彩りよくお く。
6) オーブン130℃で、5)を更に5分焼く。

これで、貴公子ラスクもできる。

ウン・・。20日にもまたパーティー。ホンに好きな人たちだ。


   

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM