二夜を憩う山男

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 00:24

♪♪出湯の窓に夜霧来て

せせらぎに寝る山宿に

一夜を憩う山男

星を仰ぎて明日を待つ


17:44 大船山上の月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法華院温泉山荘

 

山荘の位置は、簡単に言えば東の三俣山と西の中岳の間の沢沿いにある。

もし、北千里が浜に土石流が発生したら、

この沢を駆け下りて、坊がつるに駆け下りることになる。

 

通常、せせらぎの音を聴きながら眠るが、超大雨の時に妄想すれば・・・

眠れるどころではないであろう。

 

3〜4人以上で入浴したときはない。いつでも入れる故であろう。

翌日は、4:30に目が覚め、すぐ、

静かに静かに風呂に移動。星を仰ぎて・・

 

6:45から朝食。早く行くこともないコースではあるが、

一番に受け取り朝食後すぐに出発できるように準備。

7:15 出発

 

8:20 中岳〜三俣山を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8:35 段原着 前方が大船山

晴天のなかゆっくり楽しみながら登ることができた。

足腰の調子は良い


 

 

 

 

 

 

段原より大船山をズームで撮す。
 

 

9:10 大船山着

九重連山の名峰久住山が1786.5m

30僂虜垢濃旭未亡鼎鵑犬討い襦

 

ここでコーヒーを飲むために、コンロもコッヘルも水も用意してきた。

マグカップは自宅のテーブルに置いてきた。

昨夜急遽、酒カップで代用しようと、イヤイヤ酒を注文した。

何故か、予備も用意したがこれは不要だったか!

 

 

山で飲むコーヒーは決まっている。

サミット自家焙煎ドリップコーヒー

すこぶる美味い!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違いが分かる男のサミットドリップコーヒーの図
 

コーヒーを飲みながら・・妄想が頭の中を駆けまくる。

ただ今は9:35、出発を10:00にすると・・・

行けるじゃない。

十分、三俣山(1745m)をやって夕食に間に合う。

 

臨機応変で行こう!

と言うのも、上りはよいが下りが怖い。

 

飛ぶように下っていたのが、昨年大山ですっ飛んでそれ以後用心用心。

今では足下を確認しながら一歩一歩。時間が掛かる。

 

北大船山(1706m)から大戸越(うとんごし)の下りで35分も掛かってしまった。

この下りは怖い。低木のトンネルと壁。

 

 

道は川となり谷を造る。至る所に脇道はできているが、そこすらも削り取られていく。

 


 

 

状況としては、決して良くない。

11:55平治岳(ひいじだけ)着。上りに35分も掛かってしまった。

 

三俣山は止めた止めた。

そう計画は変更すべきではない・なんてね。ゆっくり山を楽しもう。

坊がつるでコーヒー飲んで、ゆっくり昼寝を楽しもう。

 

 

 

 

 

 

コメント
中西洋子様
 失礼しました。
堂が森までの計画だったのが、高瀑の滝からコルまでの道が廃道(クマザサが背丈ほど延びで)の様になっていて時間が掛かったのと、ほとんど素人の同行者がバテて、二の森で断念しました。ただ、記憶は堂が森で残っていました。(健忘症の進化)

 その山ガールは、今は小屋もトイレも綺麗な愛大小屋に泊まって縦走かも知れませんし、写真屋さんで連泊かも知れません。
それにしても、保井野から堂が森へその時間に登るのはただ者ではありませんね。(笑)
  • 山野貴公子
  • 2017/06/06 10:31 PM
武田さん ブログ内検索では堂ヶ森でなくニノ森の記事が出てきたので、(もう吉永小百合に誘われても二度と行かない、と書かれてる記事)2014年11月の「イケメン前期高齢者登山隊」という梅ヶ市から登った記事を拝見、やはり食事の記述が面白かったです。そういえば保井野へ下山途中、16時ころでしたか、もうかなり降りてきたあたりで、頭の高さまで荷物を背負った若い女性の単独行とすれ違いました。その時間から上がるとは、おそらく堂ヶ森でテン泊かな? いるんですね〜。見上げてしまいました。中西
  • 中西洋子
  • 2017/06/06 10:02 PM
中西洋子様
 曽我部さんは17日に一人で慰霊碑に行かれていましたね。なかなか作業が大変のようでした。

携帯メアドは迷惑メール対策を取っていますので、できればpikaraメールにお願いします。
  • 山野貴公子
  • 2017/06/05 10:43 PM
矢野博英君の事を心に留めてくださりありがとうございます。慰霊登山の画像を送ろうとして失敗、前送ってくれたumino-kikoshiさんとは確かに武田さんだとおもうのですが。このドコモのアドレス復旧できたら、お願いします。中西
  • 中西洋子
  • 2017/06/03 3:45 PM
中西洋子様
 曽我部さんだったか16日はやめた?というような事を書いておられたので中止になったんだと思っていました。確認しようとしたがその記事はありませんでした。いよいよ健忘症進化か?
 大船山は、5月7日〜9日に義母の用で別府に連れて行ったときに、別行動で一人法華院温泉山荘に連泊して周辺を楽しみました。5年ほど前にも行きましたので、ほぼ九重連山は踏破です。
山で飲むコーヒーは最高です。機会があれば楽しんでください。

そうそう、仕事で疲れてその時の記録も5月12日と2回に分けてアップしましたが、16日は矢野君のことを思って、最後の分はどうしてもこの日にアップしようと考えて、無理をしました。
  • 山野貴公子
  • 2017/06/01 10:52 PM
sakakenn様
 気が付かず失礼しました。21日〜23日まで孫とこに行っていました。帰ってから200通ほどの迷惑メールを削除したときに、一緒に削除したようです。<m(__)m>

人が多い時には止めた方が良いね。クッカーは前から持っていました。丸形は2人の時に使用、1人の時は遍路の時もこれを使用。
7月9日・10日はかみさんが高知に行くというので、自分は剣にでも行ってこようかと考えています。月曜が入るのでダメだと思い、声掛けしませんでした。
  • 山野貴公子
  • 2017/06/01 10:30 PM
今回の記事は素敵です特に「違いがわかる男のドリップコーヒー」で初見えのお姿なかなかいける山貴公子ですね奇しくもこの日同期の故矢野博英君の命日でした。この前の28日にワンゲルを去って37年ぶりに同期3人で堂ヶ森への慰霊登山を果たしました槙君(同時に崖へ落ち、奇跡的に助かった)も一緒でした実は私も山でコーヒーやりたくてモンベルでガスストーブとアルミやかんを買ったのですが結局置いて行ったので写真見てうらやましかったです 中西
  • 中西洋子
  • 2017/05/31 11:19 PM
お疲れです!いいですね・・・・久住・・・行きたいなぁ〜。
クッカーが変わりましたね。僕のと同じ!持ち手にシリコンゴムをつけると熱くないですよ!
  • sakaken
  • 2017/05/23 1:04 PM
kacchan様
一人山に入ると、時に文人旅鳥になるもんです。
前夜は21:30には寝入ってましたから、7時間ほど眠れました。これで十分ですらえ&#10071;
  • 山野貴公子
  • 2017/05/16 11:02 PM
「大船山月夜」山尾火転じて演歌の作詞家になったのか?
朝早く目が覚めるのは年寄りの特権ですらい。この温泉は良さそう!
  • kacchan
  • 2017/05/16 5:24 PM
鬼城様
様にならない男の、せめてものドリップコーヒーは、又格別です。(笑)
飛ぶように駆け下りた道は、今では魔の道。一歩一歩足元を確認しながらのシンドイ道になりました&#128517;膝に来ます。様に為っていません&#10071;

磯や里山、山では忘却の彼方です。(爆)
  • 山野貴公子
  • 2017/05/16 8:23 AM
山の姿、よく似合います。海の姿、落っこちそう!田んぼの姿、適当に見えます。機械がやってくれますから・・・(爆)山は良い!この季節最高ですね。深山キリシマが咲いていればなおいい。サミットのコーヒーも下界で飲むより、何倍もおいしかったと思います。
  • 鬼城
  • 2017/05/16 7:39 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM