ヘルシー歴史ウォーク「笠置峠を歩こう」

  • 2017.03.06 Monday
  • 23:15

歴博イベントの後には、必ずアンケートが付いてくる。

 

あなたの興味は何ですか?がいつもいつも付いてくる。

いつも「古墳・山城」と書いてきた。

 

今年度、最後のイベントが歩いての古墳巡り。

何と言うことでしょう!!!

ワンダラー百姓モドキのために企画していただいたようなもの。

 

笠置峠古墳の前方部から後円部

 

古の遺構には妄想を増幅させる材料が積み込まれている。

百姓モドキもこの首長墓の末裔だとも・・・

DNAを調べてみようぜ!何か出るかも?

冨田学芸員さんは、歯を調べるのが一番簡単だと。

 

しかし、冷静になって考えると縄文原人短足族には馬は使えなかったであろう。

妄想は中断。短足ワンダラーに帰る。

 

3月5日(日)8:30 歴博駐車場を出発する。

古墳専門の冨田学芸員さんの挨拶

葉佐池古墳の時にも来て欲しかったなあ〜

 

今年度の最後の事業。しかも好みの事業。

天気も最高、言うことなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笠置峠古墳に隣接する宇和盆地と八幡浜を結ぶ里道、笠置街道を歩くのが目的。で、宇和盆地の古墳文化や街道にまつわる歴史も学ぶことが出来る。

 

 この事業もジオパークの研修活動ともリンクしているのであろう。ジオパーク認定・継続も厳しい事よ。


 

90ほどの古墳から3カ所、遺跡が1カ所。

 

岩木赤坂古墳

ナルタキ古墳群から2カ所

笠置峠古墳

 

と、西の前遺跡を見学することになっている。

 

ナルタキ1号古墳と内部

この裏に、2号古墳がある。

杉林の中には、

あと5つほどあるようだ。

(掘ってみたいなあ〜

 

次に、西の前遺跡

奈良時代から平安時代にあった岩城廃寺ではないかと言われている。

近くには、宇和郡衙があった可能性があるとのこと。

 

妄想は広がる。

予定よりも30分ほど早く出発し、笠置街道登り口に到着 9:45

前回行った三瓶神社の裏手に当たる。

標高GPSで230m MAPで220mと出る。そんなことを話していたら・・

地元の方が、ほらここが測量点と指さされ220mだと言われる。

 

ふんふん

(奈良郷は190m程度だから、30mの違いしかないのか?)

 

 

 

 

 

 

ここから、笠置峠古墳までは9つの見所があるの言う。

これもジオパーク関連観光興しか?

 

馬頭観音

清水地蔵

石畳

ものい嶽

古墳の窓

遍路墓

峠の茶屋

文さん井戸

峠の地蔵

で、上がりが笠置峠古墳ってか?(笑)

 

チンタラチンタラ登って50分。

 

ものい嶽で休息、前期高齢者級の参加者ですから。

その間に、小生と松山からの後期高齢者氏だけがものい嶽調査。

宇和盆地が一望できる。syoryuさんの垂涎の撮影ポイントとなるであろう。

たぶん・・・ガスって来ればの話かな?

 

文さん井戸は大したことないと宇和の方が言われるのでスルー

 

峠の地蔵さんも、真しやかな言われはあるが、う〜〜ん。

ま、いいか

 

10:40到着予定よりも1時間以上ゆとりあり。

 


10:50 後円部を背に説明をしている冨田学芸員さん。


 

 11:00 少々早いが早弁としゃれ込む。

  本日の百姓モドキのメインディッシュは、喫茶山野の豪華ちゃんカップ麺

  これが山野で食べると、ことさら美味。トレビアーン!! (御大尽様には解らないだろうなあ〜)

 

 

 

12:35 八幡浜市釜倉着 予定よりも1時間半ばかり早い。

早いのは良いことだ。歴博に帰って事後説明を受けることにする。

 

「特別展 えひめの古墳探訪」

4月9日まで展示中 

 

タイムリーな説明となる。佳きかな良きかな!!

 

コメント
kacchan様
 勿論、妄想では足長の渡来系騎馬民族。現実は奈良川界隈で狩猟して農耕する縄文原人短足族。涙なしでは語れません。妄想・空想に古代が加われば好奇心は嫌が応にも高まりますが、探求心はありません。

 ミルキークインは弁当には旨味を発揮する米ですらえ。これと麺があれば言うことなしです。
  • 百姓モドキ
  • 2017/03/07 9:45 PM
豪農様の祖先は朝鮮渡来の弥生人ではないですか?ヘルシーと銘打った割にはカップ麺の隣の飯類のボリュームが目に付きますが、フィールドワークは確かに魅力がありますね。探求心を失わないことが若さの秘訣でしょう。
  • kacchan
  • 2017/03/07 6:51 PM
鬼城様
 終わり良ければ全て良し!歴博友の会の行事は、前回は若干糞詰まり(笑)でしたが、これで満足満足です。

鬼北の環濠集落も何かを建てると冨田学芸員さんが言われてましたね。当日ではなかったかと?館長の職と興味関心も、辿れば社会科クラブにありましたか?初発見です\(^_^)/

古代の妄想・空想・想像は、いと面白しです。
  • 百姓モドキ
  • 2017/03/07 4:49 PM
よかったですね。宇和郡にはこのような遺跡があるのに宇和島地域ではあまり聴きません。鬼北町は岩谷遺跡ですね。中学校の頃(半世紀以上前)社会科クラブでした。宇和辺りの遺跡にもよく行きました。知らぬ間に消えてしまったクラブです。謎を探るのは面白い。ふっくらKyo-chanから引き締まったKyo-chanも誕生!いい事ずくめの行事ですね。
  • 鬼城
  • 2017/03/07 7:06 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM