高野山周遊

  • 2015.12.06 Sunday
  • 10:35
 11月29日(日) 5:00起床

当初6:00からのお大師様へのお食事運びを見に行こうかと考えていた。

が、6:30からの熊谷寺の朝の勤行と護摩行の体験を優先した。
時間に会わせようと思ったら、チョットだけ見て・・
走って走って走って・・走ってでないと間に合わない。

お坊さんの読経とかその中での個人毎のお詣り
8人の宿泊客が順番に行い・・心引き締まるものがあった。
堂を移しての護摩行。
1人1人の願いを書いての護摩焚き、
まさに、密教の雰囲気をもろに受けることができ

神聖さ・新鮮さを感じたひとときであった。
(写真を撮りたかったが・・・)
体験時間は40分ほどであったか?

7:40 チェックアウト
    エッ、伊予鉄バス!!えっ、久万地区順拝団?
    巡拝じゃないの会?とは聞かない。
 
そんなことよりこっちが大事

    Syoryuさんに勧められた授戒の受付に大師教会に行ったが8:30から。

     それまで、鳥羽天皇・后稜や、昨日歩かなかった裏道をスタスタスタ。

徳川家霊台にも行ったが、8:30から
引き返して・・金剛峯寺周辺をウロウロウロ。
蟠龍庭


注 上下共に
昨日の撮影分


黒い影は、カバーがはみ出ていた。

8:35 受付をする。500円
当日受付では一番か?
9:00過ぎに授戒堂に入場、100人弱か?



始まると窓も扉も閉め切って真っ暗な中で、
(灯明はあり却ってそれが神秘的)
阿闍梨様による菩薩十善戒とやらを受けることができるものである。

要するに、日常の生活の中で実践する仏教的規範を
お話しされるということである。

5人の参加者に直接
阿闍梨様から授戒を授かるとのことであったが、仏教関係者の引率者がなるのだろうと思っていたが・・

何と、最後に呼ばれたのは・・
「愛媛の武田様」
緊張して壇上に上がり、真言が唱えられている中
「お札」をいただいた。
これこれ
他の参加者には与えられた形跡はない。


10:00 ウロウロして美味そうなそば屋を探したが休み。キノコ釜飯で我慢。
食後に徳川家霊台を覗いてみるが、家康・秀忠それぞれのお霊屋。
11:00


権力にものをいわせて造らせたか?清貧百姓モドキからも200円
早々に退散して女人堂に向かう。
11:12                           
高野山の回りには7カ所あったらしいが、ここだけに残っている。


ここまでが女性のお詣りが許されたところである。

さて、11:15高野駅に向かうバスは今出た。どうするか?
歩いて下りるには、足首が・・・
今日は保てても熊野古道に支障が出るであろう。
と考えているところに、11:22バスが来た。
判断する間もなく足が勝手にバスに乗りこんでいた。

ケーブルカーに乗り込んで極楽駅へ、電車で九度山駅に向かう。


で、真田庵で昌幸・幸村の遺品を見て、隣の幸村庵で待望の佐助定食。
柿の葉ずしと温かソバ


真田庵記念館
真田庵記念館。

真田庵入口。








町中を歩き・・・・


ここの幸村庵の蕎麦は最高。

九度山は前祝いで人が多いのか?
来年の大河は「真田丸」
町中が燃えている。
それぞれの玄関には十勇士の名前が3人ぐらいずつぶら下がっている。


観光客が多い所為で九和楽の柿の葉ずしは12:30には売り切れてなし。
見所を見て歩き・・・もう十分。
15:00 道の駅柿の郷くどやまで柿の葉ずしを買って田辺に向かう。

17:10 田辺ステーションホテル着
少々飲んで餃子・唐揚げ・豚骨ラーメンを腹に流し込み明日に備える。



コメント
kacchan様
 前日ならば、雪の寺院や庭が撮せたのに残念です。
お札授与は、清貧なる故のプレゼントで豪農でないとのお大師様のお墨付きみたいなものです。清らかさの証明です。\(^_^)/
  • 遍路モドキ
  • 2015/12/07 9:56 PM
笑隆で〜す。様
 人に波に酔いました。珍しくアルコールは体に入れていませんが・・・。夜の奥の院には撮影スポットはあると思いましたが、町中では人も多くて写真になるのでしょうか?蟠龍庭は時間によっては光と影がありますかね?
  • 遍路モドキ
  • 2015/12/07 9:51 PM
鬼城様
 高野山から小辺路を経て熊野大社が念願ではありましたが、日程的にも肉体的にも無理でした。足と福沢君と侑馬と相談しながらの計画立案にはなります。(×_×;)
 社会貢献から少しばかり手を引いて、体力をつけて奥様孝行・自己人生充電にお励みください。\(^o^)/
 
  • 遍路モドキ
  • 2015/12/07 9:46 PM
 屋根に雪が残ってましたね。さすが愛媛の豪農武田様!ありがたいお札と豪快なお食事をいただき心身ともにさぞご満悦のことでございましたでしょう。
  • kacchan
  • 2015/12/07 6:34 PM
 懐かしい写真がたくさんなり、思い出に浸りました。
 開創1200」年祭と来年の「真田丸」で多くの人手があるなと思っていましたが、本当に多い人ですね。
 再度の訪問を計画していますが、思うようになりません。
  • 笑隆で〜す。
  • 2015/12/07 2:23 PM
高野山、念願がかないましたね。それにしても観光旅行的に見どころが詰まっています。歩き遍路の余得か?車でも良いから南紀をゆっくり回ってみたいです。来年こそ・・・さあ、恋氏の奥様がお待ちの・・・(笑い)
  • 鬼城
  • 2015/12/07 10:08 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM