吉田玉津の風景

  • 2015.11.13 Friday
  • 20:24
 11月12日(木)

S先生より「ミカン取りにこんかな?」と電話が入る。

ここは甥のミカン畑で放棄地となっているのを管理。
それを8年間無農薬栽培されている。
要するにほったらかしよ、と言うことらしい。

しかし、下草取りと剪定だけはされている感じもする。
手前はサツマイモの畝。
目の前は法華津湾。
野福峠、法華津峠、高森山が一望できる


一寸取っては、ミカンを食べながら休息。
「年取って、続けては出来ないよ」と言いながら。

「体が動く間だけはやらなくては」とも続く。
いつも聞く言葉(笑)


果汁は濃くて甘い。昔のミカンの味。
何というか、作られた甘さという感じでなく、自然な味とでも言おうか。
かみさんと友人達には好評。

侑馬にも安心安全!!

年に2〜3回呼んでいただく。

年が明けたらポンカンだ。
これも完熟に近く美味い。








お礼はいつも、サミットのお勧め酒とコーヒー。
これを喜んでもらえるのも嬉しい。

2キャリー半ほど取って11:30終了。

帰りに太刀魚巻とすり身コロッケを買おうと寄ったが、本日終了。
吉田お町の風景にはならなかった。残念。





コメント
鬼城様
 ほったらかしは、剪定や摘花、消毒をしていないと言うことです。
 ミカンの木の下の簡単な除草はしておられますが、ミカンの味は深みがあっていいですが、器量は売り物にはならない粗悪品です。(笑)

しかし、それらの方が安心安全です。\(^O^)/
  • 百姓モドキ
  • 2015/11/18 12:38 AM
Hacchanの言うとおり・・・私も「ほったからし」と言って恥をかいたことがあります。これだけの蜜柑がなると言うことは手入れをしていると思います。潮風にあたっておいしい蜜柑になっているでしょう。佑馬くんに送りましたか?
  • 鬼城
  • 2015/11/17 9:09 AM
kacchan 様
 アウトレット商品を何点か購入しました。それと遍路の反省からポンチョも用意しました。\(^_^)/高級ブランド品が変えぬ哀しさと寂しさとチョット満足感。
 商品にするには手を掛けなければならないでしょうが、枯れ枝もそのまま、しなびたミカンもそのまま。鈴なりもそのまま。まあ〜最低限の管理でしょうね。
 
  • 山野貴公子
  • 2015/11/14 11:35 PM
 高級ブランド品の購入は無事済みましたか?
みかんの栽培は稲作と違って年中手がかかるそうですよ。けっしてほったらかしではないと思いますが、お心遣いが嬉しいですね。
  • kacchan
  • 2015/11/14 7:00 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM