星遊会夏の風物詩ーサメ生活支援ー

  • 2014.08.16 Saturday
  • 23:44
  星遊会では、この真夏の暑い日にサメの生活を支援するために、ホームグラウンドの三崎を離れ、わざわざ御五神に行くのが常態となっている。

 ここ以外にも、時に応じてホームグラウンドを離れ中泊に行くこともあるが、これも偏に魚族の派遣申請次第で撒き餌場所は変更するのである。このことは宇和海魚族連合には連絡し周知されている・・・・はずである。

8月12日〜13日 大潮 満潮20:40 干潮2:35


15:40 菊池バエ上磯 今まで上がったこともなくポイントも不明。
同船していた御五神常連客のK氏が上がってきていただき、ポイントとタナと潮の状況を丁寧に説明していただく。こんな事って今までにはない。

いかも絶対に狙わないようなポイントである。

台風の後で、ゴミは一つもない。
いつもこのようなゴミのない磯でありたいものである。

乗船委員長は寝床遠望。そして、狙いのポイントを探す


本島との間の水道。


しかし
教えていただいたポイントは、潮もほとんど動かない。
エサトリだらけ。
背中も短めの足も寂しい


星遊会二諾無く 釣人一言を重んず。
人生意気に感ず。釣果誰か又論ぜん

こんな親切な人が釣人に居ようか?何があっても信じ切ろう。

投げども投げども・・即餌はない。
投げども投げども投げども投げども投げども・・



乗船委員長は、敢えて表を狙う。
で、初当たり。17:20


こちらは相変わらず、ただ撒き餌ボランティアだけ。
小生も気分転換。ちょっとだけ、表をやってみようと投げた途端
当たりがある。

舌も乾かぬうちにポイントを変えるのか?との声が?

それ故か?、ポセイドン様が助命処置。


その後が続かない。深く深く反省して、教えていただいたポイントを狙う。

表はボツボツ当たりがあるが・・・こんなカマスも釣ったりして・・



20:35 まだ当たりはない。月を見上げながら、K氏の恩義を思う。
どうなろうとも、ここで撃沈だぁ〜



潮代わりの時間帯に、小生にもイサギの当たり。やっとこの水道に入ってきたのか?
Well Come

が、サメとの力比べをしたが敗北。
気を入れ直して、投げるが同じポイントで再び綱引き。
敗北

次に当たりがあって上がってきたのはアジ。
何回かのトラブルがあって、仮眠するにしかず。
3:00過ぎに起きて・・・そうすれば・・・
水道潮タンボにイサちゃんがウジャウジャ入っていることだろう。

が、想いははるか届かない。
水深も浅く、タナ違いの問題ではなく・・・
結局はこのポイントは、台風前のポイントであったのだろう。

表でやっても全てサメの横取り
イサギの入れ食いサメの食べ放題
イサギボーズの哀しい夜釣りであった。

菊池バエのピークも月影に泣く。




























トンビも月を慰める。

5:20納竿。ゴミを回収して迎え船を待つ。

サメ族からは感謝のメール。

「過分なる巨大イサギを奉納いただき感謝に絶えません。
お陰で小さなイサギの命を活かすことが出来ました。」

餌を撒いてサメの生活支援をしたが、なるほど。
小さなイサギを助けて明日の資源保護につながったか?
嬉しいことである。


6:10 少々遅れて迎え船。


帰港して小三角大王と情報交換
ササバエで中小型のイサギをそこそこ。良型はサメにやられたとのこと。
その証拠写真

たまに、頭を残してくれることもある。これでも充分食べられる(笑)

サメ生活支援も海神様の思し召し。
釣果誰か又論ぜん






コメント
Ecchan様
 ありがとうございます。
他の会員の愛顔を唯一の楽しみとして、星遊会撒き餌部隊専従として職務に専念したいと思います。(; ;)ホロホロ
  • 海野貴公子
  • 2014/08/19 9:26 PM
Kacchan様
 ありがとうございます。
ひたすら実践報告だけでサービス精神は皆無ですが、純粋なボランティア精神が愛毒者さまの琴線に触れたものだと思われます。
 今後とも純真なる気持ちでの覗きをお願いいたします。
  • 海野貴公子
  • 2014/08/19 9:03 PM
餌撒きボランティアご苦労様です.
きっと海の神様は見ていらっしゃいますから、ご褒美が近々あろうかと存じます.が、見返りは期待しないのが、貴公子さんの貴公子さんたる所以であろうと存じます!
今後も餌撒きボランティアを御継続下さい!
  • ecchan
  • 2014/08/18 7:29 AM
 モドキ実写版「釣りバカ日誌」毎度楽しく拝見しております。
魚族との悪戦苦闘、愛憎の数々をこれほど痛快に描いた作品は類が無く、読者への旺盛なサービス精神にも頭が下がります。釣果の是非などもはや論外でしょう。 (愛毒者より)
  • kacchan
  • 2014/08/17 11:41 PM
乗船委員長様
サメの関門を破るのは至難の技。それを突破してK氏への義理を果たそうとした巨大イサギは称賛すべきであると思います。合掌
  • 海野貴公子
  • 2014/08/17 10:34 AM
鬼城様
楽しい会食ならば、明日への活力なのですが、挨拶もない皆食ですので気分はよくありません。(>_<)(>_<)
スーパームーンを楽しむ会と思えば、まぁ~いいか?(笑)
  • 海野貴公子
  • 2014/08/17 10:28 AM
K氏ご推薦のポイントは第2水道、その水道入口でサメがイサギに通せんぼをしていたのしょう。
そこは第1水道との合流点でもあり、イサちゃんがウジャウジャ寄っていたはず。第1水道で針がかりしたイサちゃんはことごとくサメに横取りされたとういう次第。
宇和海の頂点に立ちたいならば、自力で捕食しろ!
  • osakana
  • 2014/08/17 9:24 AM
まるで鮫と会食の様相ですね。昔では考えられないことが海でも起こっているんですね。
流して見ると「わびしい」の一言・・・((爆))
  • 鬼城
  • 2014/08/17 8:48 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 平成30年 松山商科大学ワンダーフォーゲル部天狗会&松山大学ワンダーフォーゲル部OB会
    山野貴公子 (01/14)
  • 平成30年 松山商科大学ワンダーフォーゲル部天狗会&松山大学ワンダーフォーゲル部OB会
    大石整 (12/02)
  • 平成30年 松山商科大学ワンダーフォーゲル部天狗会&松山大学ワンダーフォーゲル部OB会
    山野貴公子 (10/26)
  • 平成30年 松山商科大学ワンダーフォーゲル部天狗会&松山大学ワンダーフォーゲル部OB会
    えっちゃん (10/24)
  • 平成30年 松山商科大学ワンダーフォーゲル部天狗会&松山大学ワンダーフォーゲル部OB会
    山野貴公子 (10/24)
  • 平成30年 松山商科大学ワンダーフォーゲル部天狗会&松山大学ワンダーフォーゲル部OB会
    鬼城 (10/24)
  • 矢野博英君追悼登山 by大石 整
    山野貴公子 (10/23)
  • 矢野博英君追悼登山 by大石 整
    なか (10/15)
  • 矢野博英君追悼登山 by大石 整
    山野貴公子 (09/30)
  • 矢野博英君追悼登山 by大石 整
    大石整 (09/22)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM