世界遺産熊野古道〜中辺路を訪ねて〜

  • 2015.12.07 Monday
  • 21:57
中辺路とは?
上皇も女御たちも歩いた熊野古道のメインルート
 

大人の遠足BOOKー熊野古道をあるくー「JTBパブリッシング発行」によると
熊野の玄関口として「口熊野」とよばれた田辺から山中を
東へ進む中辺路は、参詣道の中でも最もよく利用された道。
だという。

さらに説明は続く・・・

古道ウォーキングの中心ルートともなっており、田辺からバスで約40分、
熊野三山の聖域の入口だった滝尻王子から歩き始めるのが定番だ。


定番の始点から歩くのは日程的に無理。明日の夕方には宇和島に帰らねばならぬ。
つまり、10:40発の南海フェリーに乗るか、
乗り遅れると7時間余りを来たコースを走り続けなければならぬ。

そのためには、熊野古道を歩き本宮大社と大斎原をお詣りして
大日越えで湯の峰温泉まで到着していなければならない。

そして翌日、湯の峰温泉発田辺行き6:12に乗ることが必須である。
これに基づいて熊野古道ウォーキング計画を立てた。
ほとんどが山道である。体調不調なときには近くにバスが走る道がある。

11月30日(月)
6:20田辺駅 
弁慶像が立ち尽くす。おらが町だぞ!!
 田辺駅発6:35に乗り、



 7:43 近露王子

ここまでは、乗客は小生だけ。
全くの貸し切りバスであった。

ここから、二人の乗客が乗ってきた。バスで本宮大社まで行くようだ。


7:54道湯川橋で下車。ここから、熊野古道に入っていく。
湯の川温泉まで標準コースタイムで8時間程度。
16:00頃には宿に着くことが出来る。

迂回路を行くことにする。
8:15いきなり急登。かなり登りが続く。

 
8:35この道は大雨被害の迂回路として造成されたのか。




















9:00

蛇形地蔵まで迂回路は続き、・・・

ここで道をロス。

川を渡ったり引き返したり・・10分ほどして正道をを見つける。



9:55 湯川王子

10:20 猪鼻王子        
10:40 道の川集落跡 ここに17軒の集落があった。

熊野道廃屋朽ちて杉並木ー山尾火ー

廃屋には寂しさと哀しさが漂う。
朽ちて土に帰っていく。

その横の道には女御達の汗が染み込んでいると思えば、チョット楽しい。

スキップでもしようか!!

 11:35 発心門王子。
ここは、本宮の神域への入口。
ここはバス路線が交差している所。ここから歩く人が多い。

 12:00 水呑王子

12:25 菊水井戸集落?から小辺路コースの果無山脈遠望


12:30 伏拝王子から大斎原を望む

 小高い丘になっている。
その下に茶屋。ここで昼休息。温泉卵とおにぎり
 
三軒茶屋跡
ここが、小辺路コースの合流点。












13:05
この先が、高野山へ向かう道。

13:07 


熊野本宮裏口入社(笑)



続く・・・

高野山周遊

  • 2015.12.06 Sunday
  • 10:35
 11月29日(日) 5:00起床

当初6:00からのお大師様へのお食事運びを見に行こうかと考えていた。

が、6:30からの熊谷寺の朝の勤行と護摩行の体験を優先した。
時間に会わせようと思ったら、チョットだけ見て・・
走って走って走って・・走ってでないと間に合わない。

お坊さんの読経とかその中での個人毎のお詣り
8人の宿泊客が順番に行い・・心引き締まるものがあった。
堂を移しての護摩行。
1人1人の願いを書いての護摩焚き、
まさに、密教の雰囲気をもろに受けることができ

神聖さ・新鮮さを感じたひとときであった。
(写真を撮りたかったが・・・)
体験時間は40分ほどであったか?

7:40 チェックアウト
    エッ、伊予鉄バス!!えっ、久万地区順拝団?
    巡拝じゃないの会?とは聞かない。
 
そんなことよりこっちが大事

    Syoryuさんに勧められた授戒の受付に大師教会に行ったが8:30から。

     それまで、鳥羽天皇・后稜や、昨日歩かなかった裏道をスタスタスタ。

徳川家霊台にも行ったが、8:30から
引き返して・・金剛峯寺周辺をウロウロウロ。
蟠龍庭


注 上下共に
昨日の撮影分


黒い影は、カバーがはみ出ていた。

8:35 受付をする。500円
当日受付では一番か?
9:00過ぎに授戒堂に入場、100人弱か?



始まると窓も扉も閉め切って真っ暗な中で、
(灯明はあり却ってそれが神秘的)
阿闍梨様による菩薩十善戒とやらを受けることができるものである。

要するに、日常の生活の中で実践する仏教的規範を
お話しされるということである。

5人の参加者に直接
阿闍梨様から授戒を授かるとのことであったが、仏教関係者の引率者がなるのだろうと思っていたが・・

何と、最後に呼ばれたのは・・
「愛媛の武田様」
緊張して壇上に上がり、真言が唱えられている中
「お札」をいただいた。
これこれ
他の参加者には与えられた形跡はない。


10:00 ウロウロして美味そうなそば屋を探したが休み。キノコ釜飯で我慢。
食後に徳川家霊台を覗いてみるが、家康・秀忠それぞれのお霊屋。
11:00


権力にものをいわせて造らせたか?清貧百姓モドキからも200円
早々に退散して女人堂に向かう。
11:12                           
高野山の回りには7カ所あったらしいが、ここだけに残っている。


ここまでが女性のお詣りが許されたところである。

さて、11:15高野駅に向かうバスは今出た。どうするか?
歩いて下りるには、足首が・・・
今日は保てても熊野古道に支障が出るであろう。
と考えているところに、11:22バスが来た。
判断する間もなく足が勝手にバスに乗りこんでいた。

ケーブルカーに乗り込んで極楽駅へ、電車で九度山駅に向かう。


で、真田庵で昌幸・幸村の遺品を見て、隣の幸村庵で待望の佐助定食。
柿の葉ずしと温かソバ


真田庵記念館
真田庵記念館。

真田庵入口。








町中を歩き・・・・


ここの幸村庵の蕎麦は最高。

九度山は前祝いで人が多いのか?
来年の大河は「真田丸」
町中が燃えている。
それぞれの玄関には十勇士の名前が3人ぐらいずつぶら下がっている。


観光客が多い所為で九和楽の柿の葉ずしは12:30には売り切れてなし。
見所を見て歩き・・・もう十分。
15:00 道の駅柿の郷くどやまで柿の葉ずしを買って田辺に向かう。

17:10 田辺ステーションホテル着
少々飲んで餃子・唐揚げ・豚骨ラーメンを腹に流し込み明日に備える。



高野山 ー世界遺産町石道を歩くー

  • 2015.12.05 Saturday
  • 15:30
 単独行なら11月中旬
夜行バスで大阪まで出て難波から九度山まで南海電鉄であったが・・

かみさんとその友だちが白浜温泉・勝浦に行くという。
家庭内に行ける清貧百姓モドキの位置づけは著しく低い。
こうなると日程は限られ中辺路全コースは制覇できない。
これもお大師様の思し召しだと思えば心は穏やか。

11月27日(金) 7:30自宅発
9:00 石鎚山SA
10:30 阿波PA

淡路SAに入り損ねて垂水PAで昼食
14:55 JR和歌山駅で二人と別れる。\(^o^)/
彼女等は15:03発特急で白浜

小生は橋本市の伯母さんを訪ね、御尊顔を拝しただけで紀伊見温泉へ。
前途の無事を祈り御神酒で心清める


5:00起床 5:30出発
途中のコンビニで朝食を摂り、昼食を仕入れ
道の駅柿の郷くどやまに向かう。
ここなら車が置けると九度山役場の担当者に教えていただいていた。

キジを打ち、明るくなるまで車で待機。
のつもりが、10分ほどウトウトしたようだ。


6:38 道の駅出発
6:45 慈尊院着

この当たりに町石道(ちょういしみち)の始点があるはず。
何故、「ちょうせきどう」とか「まちいしみち」でないなのかは考えない。

お詣りをして、
町石道上にある丹生官省符神社の階段を上る


上がり口に右側樹木の中に「百八十番」の石碑がある。
この
五輪塔型の石碑が町石である。

これから根本大塔にあるという一番町石まで道案内をしてくれる。
単純計算で
109m×180=19,260
概ね、20劼△襪箸いΔ海箸?


クマも出るんかいな?



 7:40 展望台着(165町石)
    紀ノ川、九度山町、橋本市、かつらぎ町が展望できる。 

 さすがに世界遺産の道。
始めの技間ほどはコンクリ道だが、それ以後は土道が続く。
  これこそが世界遺産の道。
 8:55 六本杉峠(137〜138町石)
なだらかな稜線道で堪らなく快適
9:25 二ツ鳥居(121町石)






 
10:20行程の半分(90町石)

10:25 笠木峠(86町石)


 
 ここで何処かの職場の登山クラブらしき8人パーティーが過ぎていく。




  









 11:40袈裟掛石(55町石近く)
 それらしき石などには様々な言い伝えを付けている。
ホンマかいな?などと思ってはならぬ。


13:15 10町石。
急な登りが少しばかり続く。
ヒイヒイーゼイゼエー

このときに、等妙寺ウォーキング中の某大兄より電話。

ヒイヒイーゼイゼエー
ヒイヒイーゼイゼエー




13:28 大門到着

素晴らしい、さすが世界遺産の町石道であった。ワンダラーとしてはこれだけで十分。

標準所要時間は7時間とある。
6時間50程度で良くもないが悪くもない

休息時間を含めてだから、良い方だと言っても過言じゃない。
13:32 高野山の町に入る。

根本大塔の手前に町石一番発見。
奥の院町石と同じだと思っていたが別。


 13:35 壇上伽藍中門




13:45 根本大塔。
奥の院町石道 一番町石


金剛峯寺。
500円で内覧できる。
お茶の接待付きだが、人が多過ぎる。
当たり前だが、ぞんぶするほどお寺関連施設が多い。


2時間ばかり周遊、お寺はもう十分。
今夜の宿の熊谷寺に入る。
ブラブラしている間に、ナイトウォークの募集案内発見。

説明付き奥の院ナイトウォーク1,500円。
行くことにする。19:20恵光院集合


終了は8:40
奥の院町石は37柱。
180+37=217の町石であるはずであるが・・・
何故か220あるという???

熊谷寺の門限は21:00。
走って走って走って1分前に到着。ふう〜〜
疲れたナイトウォークだった。


高野山・熊野古道参詣計画 ープロローグー(タブレット試験投稿No.2)

  • 2015.11.20 Friday
  • 00:13
2月15日(日) 歩き遍路を打ち終えた。


本来ならば、すぐに高野山にお礼お詣りをすべきであったろうが、遍路中の百姓ゴッコ手抜きと超繁忙期が 待っていた。

で、時は来た。11月中旬で進めていたが諸般の事情で延期となった。


かみさんも一緒に出てどこかで待っているか?、高野山には行ってもいいか?、那智勝浦温泉に行こうか、熊野本宮も行って温泉に泊まろうか、白浜温泉にも泊まって・・・・・等々

友達とも一緒に行こう、とかとか 。
小生としては欲な計画を立てていた。
九度山から高野山、そして小辺路の山岳コースを熊野本宮に至る参詣コースである。

しかし、右足首と腰の痛みを全く無視した、今のところ無謀な計画であった。

かみさんが行くのであれば4拍5日で、これは無理な日程。

きっぱり諦めるのも肝心。
九度山からの町石道を歩き高野山、夜のライトアップも楽しむ。
翌日ゆっくり高野山をお参りして、九度山を楽しみ夕方、田辺に向かう!

九度山の過ごし方が肝要。近くに泊まって早出の予定が脆くも崩れた。
九度山商工観光係の若い女性?に紹介していただいた民宿が満室(; ;)ホロホロ

その女性に「高野山町石道をたずねて」他7枚のパンフを送っていただいた。

27日の午後と29日の午後は時間の許す限り楽しもう。



大好きな幸村と真田そばと柿の葉ずし?





  日程の都合で紀伊田辺からバスで小広王子まで。
中辺路小広王子〜熊野本宮大社湯の峰温泉の熊野古道を歩く、に続く


歩き遍路〜総括備忘録 ファイナル〜

  • 2015.04.02 Thursday
  • 23:16
 歩き遍路を始めたのが、10月7日。
区切り遍路でも12月中には打ち終える予定であった。
世の中、そううまくはいかない・・場合が多い。
結願は2月25日。
歩き遍路だけを考えるとロスタイムが多い。
私の場合だけか?

理由としては、嬉しい出来事を始め様々な予定が入り、
5〜6日程度のまとまった日が取れなかった事が大きい。
そんなこんなで、次は通し遍路でやるぞ!との想いは強い。

(1)2/20 自宅=車 江川崎=JR窪川〜37番岩本寺〜黒潮町民宿みやこ  31卍度(2)2/21 民宿みやこ〜四万十大橋経由〜真念庵〜以布利遍路道〜民宿紆海  40卍度
        )
(3)2/22 民宿紆海〜津呂善根宿〜38番金剛福寺〜中の浜遍路道〜黒潮市場〜
                        〜ビジネスホテル南城   26卍度
(4)2/23 ビジネスホテル南城〜以布利方面(道ロスト)〜土佐清水〜益野〜今の山経由〜
                   〜皆尾〜39番延光寺〜民宿嶋屋    46卍度
(5)2/24 民宿嶋屋〜宿毛貝塚〜松尾峠〜満倉〜僧都川沿い〜40番観自在寺〜
                      〜内海柏坂〜A君墓〜柏坂   36卍度
(6)2/25 柏坂〜柳水大師〜柏坂遍路道経由〜鴨田休息所〜繁近〜満願寺〜
              〜野井坂遍路道〜鶴島小前〜八幡神社前〜自宅  38卍度

歩行距離 217卍度 

所要日数 43日   
   歩行距離 1164辧    



歩き遍路〜総括備忘録 その4〜

  • 2015.03.30 Monday
  • 21:32
 高知は、まっこと修行の道場にピッタシじゃけん。

高知県の遍路道は、東洋町の水床トンネルから松尾峠までおおよそ400辧
ここに札所が16寺。札所間最長は80厖召蝓

御蔵洞


(1)2/7 自宅=松山=バス徳島=JR由岐駅〜23番薬王寺〜牟岐       
                          〜民宿杉本泊 24卍度
(2)2/8 民宿杉本〜鯖大師〜甲浦海の駅〜尾崎橋 民宿徳増泊    45卍度
(3)2/9 民宿徳増〜御蔵洞〜24番最御崎寺〜25番津照寺〜26番金剛頂寺〜  
         〜御霊跡=タクシー奈半利駅前〜ホテルなはり泊   40卍度

(4)2/10 ホテルなはり=タクシー御霊跡〜奈半利〜27番神峯寺〜      
            〜安芸球場前〜引き返し〜山登屋旅館泊    32卍度
(5)2/11 山登屋旅館〜28番大日寺〜29番国分寺〜レインボー北星泊 40卍度


(6)2/12 レインボー北星〜30番善楽寺〜31番竹林寺〜32番禅師峰寺〜    
        〜33番雪渓寺〜34番種間寺〜ビジネスイン土佐    33卍度
(7)2/13 ビジネスイン土佐〜35番清瀧寺〜36番青龍寺〜横波スカイライン〜
              〜須崎 ビジネスホテルさつき      42卍度


(8)2/14 ビジネスホテルさつき〜大阪遍路道〜椿食堂〜道の駅アグリ窪川〜
           〜37番岩本寺〜JR窪川=JR松丸駅=車自宅  35卍度     

   
歩行距離 291卍度    
   

歩き遍路〜総括備忘録 その3〜

  • 2015.03.25 Wednesday
  • 22:16
 ステージ5
 やはりこのステージの一番は、遍路モドキ的には浄蓮庵(一本杉)だろう。お大師様が現におわしますという雰囲気がある。



(1)
1/12 自宅=高松=JR板野〜4番大日寺〜5番地蔵寺〜6番安楽寺〜7番十楽寺〜
       〜民宿越久田屋                15卍度
(2)1/13 越久田屋〜8番熊谷寺〜9番法輪寺〜小豆洗大師〜10番切幡寺〜11番藤井寺
       〜旅館吉野                  15卍度
(3)1/14 旅館吉野〜藤井寺(通過だけ)〜長戸庵〜浄蓮庵〜12番焼山寺〜杖杉庵〜
        〜玉ヶ峠〜植村旅館〜            24卍度
(4)1/15 植村旅館〜駒坂〜13番大日寺〜14番常楽寺〜15番国分寺〜16番観音寺〜
        〜17番井戸寺〜民宿ちば          35卍度
(5)1/16 民宿ちば〜18番恩山寺〜19番立江寺〜20番鶴林寺〜21番太龍寺〜
        〜阿瀬比・大根峠経由〜山茶花        36卍度
(6)1/17 山茶花〜22番平等寺〜弥谷観音〜JR由岐駅=高松=自宅
                              11卍度 

歩行距離 136卍度


歩き遍路〜総括備忘録〜その2

  • 2015.03.24 Tuesday
  • 20:41
 ステージ3
 

(1)11/17 自宅=JR松山=バス大頭〜60番横峰寺〜61番香園寺〜白滝奥之院                       〜ビジネス旅館小松泊      19卍度

(2)11/18 ビジネス旅館小松〜62番宝寿寺〜63番吉祥寺〜64番前神寺〜                      〜四国中央市戸川公園泊         47卍度
(3)11/19 戸川公園〜65番三角寺〜椿堂〜佐野経由〜66番雲辺寺〜        
                  〜民宿青空屋泊           26卍度 
(4)11/20 民宿青空屋〜67番大興寺〜68番神恵院・69番観音寺〜70番本山寺〜  
       〜71番弥谷寺〜天然いやだに温泉ふれあいパークみの泊   30卍度
(5)11/21 ふれあいパークみの〜72番曼荼羅寺〜73番出釈迦寺〜75番善通寺〜  
           〜76番金蔵寺〜77番道隆寺〜JR丸亀駅=自宅   19卍度


歩行距離 141卍度

今回の野宿は1回だけ。
なかなか、適当な寝床が見当たらない。
足にとっては、お湯に浸かることは極楽。

道隆寺の手前で手作り地蔵様のお接待を受ける。




ステージ4

 (1)12/4 自宅〜JR丸亀駅〜アパホテル泊                 
(2)12/5 アパホテル〜78番郷照寺〜白峰宮・79番高照院(天皇寺)〜     
      〜80番国分寺〜81番白峯寺〜82番根香寺〜百百屋旅館泊  34卍度
(3)12/6 百百屋旅館〜83番一宮寺〜84番屋島寺〜須崎寺〜85番八栗寺〜   
                     〜岡田屋旅館泊      
27卍度(4)12/7 岡田屋旅館〜86番志度寺〜87番長尾寺〜ヘンロ交流サロン〜                       〜88番大窪寺〜八十窪泊    29卍度

(5)12/8 八十窪〜與田寺〜ビジネスホテルオーシャン引田      31卍度
(6)12/9 オーシャン引田〜1番霊山寺〜2番極楽寺〜3番金泉寺〜       
                 〜JR板野駅=自宅        15卍度


歩行距離 136卍度
   
 
 
       

叔母の用事を済ませばすぐに第5ステージを開幕したかったのだが、
思うようにならないのが世の中。

横浜物語が上辞されようとしていたのである。
かみさんから禁足令が出た。
行事も入っているし、次はいつになる事やら。 
                   

歩き遍路 〜総括備忘録〜癸

  • 2015.03.21 Saturday
  • 19:47
 88カ所を打ち終えて、もう一ヶ月になろうとしている。

思い出すたび、歩いている自分が居る。
お遍路さんを見るたびに、付いていこうとする自分が居る。

分け入っても分け入っても遍路道ー山尾火ー

もう一度ゆっくりとゆっくりと廻りたい。
そのために、次のステージに上がるために書いておかねばならないこともある。


第1ステージ

(1) 10/7 自宅〜41番龍光寺〜42番仏木寺〜43番明石寺〜久保遍路休息所泊 37
 (2) 10/8 久保休息所〜十夜ヶ橋〜神南堂休息所〜大瀬休息所泊       31辧  (3)10/9 大瀬休息所〜ひわ田峠遍路道経由〜ひわ田峠休息所泊       25辧  複粥10/10 ひわ田峠休息所〜44番大寶寺〜畑野川=久万=自宅       9辧 

大宝寺から下山途中に靴トラブルで予定変更、帰宅
畑野川から久万までタクシー、久万から松山駅までJRバス
松山駅から宇和島JR列車

歩行距離 102卍度 

今回は、10/10は三坂峠の手前の休息所、
10/11は石手寺を打ったあと、道後温泉駅から帰るか、
民宿に泊まって53番まで打って北条からJRで帰宅しょうと考えていたので
靴トラブルはショックであった。

で、その反省に立ちモンベルで特価24,500円の靴を購入。
さらに、水ぶくれ等トラブルのための予防シップを購入。


第2ステージ

(1)11/5 自宅=JR松山駅=バス 久万=タクシー畑野川〜八丁坂〜45番岩屋寺〜  
    古岩屋〜ふるさと村〜峠御堂トンネル〜久万〜三坂休息所泊  22辧
(2)11/6 三坂休息所〜網掛石〜46番浄瑠璃寺〜47番八坂寺〜文殊院〜48番西林寺〜    〜49番浄土寺〜50番繁多寺〜51番石手寺〜山頭火一草庵〜
      〜堀江リゾートインマーメイド            40卍度

今日は、ランスケ劇場の撮影会。メイクは配置されていないが地顔で十分。
スタイルには少々問題もなくはないが、それはそれ顔でカバーすればいい。
(3)11/7 リゾートインマーメイド〜52番太山寺〜53番円明寺〜JR亀岡駅泊    
                                32卍度
(4)11/8 JR亀岡駅〜54番延命寺〜55番南光坊〜56番泰山寺〜57番栄福寺〜   
    〜58番仙遊寺〜ホテルバリーイン泊           25卍度
(5)11/9 ホテルバリーイン〜59番国分寺〜日切大師〜11号線大頭=バス松山〜 自宅
                            22卍度



歩行距離 141卍度 





歩き遍路ファイナル 遍路モドキ帰る 完

  • 2015.03.20 Friday
  • 01:29
 かすかに覚えている思い出記録ファイナル

2月25日(水)
本日の思い出一番
柏坂遍路道


6:10 ヘッドランプを着けて出発
6:25 野口雨情の詩がまず迎えてくれる。これから8本の詩が所々に遍路を慰める。


まあ、もう一本ぐらいアップしておこうか


野口雨情が、ここに滞在していたなんてちょっと信じられないだろう。


8本ばかり楽しみながら詩の世界楽しんで登る。


しかし、昨夜はテープ等が無くなり足のメンテができなかった。
脳細胞も悲鳴を挙げるよう命令する。
その命令を拒否したり、受諾したり・・・闘いは続く。

8:20 柏坂の稜線上の痩せ尾根。
ここは2回目である。歴博友之会で歩いたことがある。
大好きな遍路道である。


上畑地に下りて遍路道を歩く。
10:00 鴨田の遍路休息所。トイレ有り。
直売所で行動食をゲットして20分ばかり休む。

松尾峠遍路道も野井坂遍路道も歴博友之会の活動で通ったが、
真念に敬意を評し、満願寺・野井坂遍路道を通ることにする。
で、山越えで県道46号線繁近に出る。コンクリ道の涙道。

11:50 満願寺 着 12:10 出発


心清けれど足痛し。




野井坂は落葉に覆われ、その下の浮石や木の根は全く見えない。
通る人も少ないのであろう。


たびたび、足は悲鳴を上げる。
山道の方が辛いのではと感じたのは初めてである。

しかし、これこそ遍路道には相応しいのかも知れない。
物見遊山の旅ではない

石丸までは、旧道を歩きそこから56号線を歩く。
若干書かれている遍路道とは異なる。

15:00 遅めの昼食で腹だけは元気になったが、足は辛いと嘆く。
もう、励ましようがない。ただ、自宅に向けて歩くだけ。

犬飼自転車店前でSyoryuさんの車に出会う。
禅師峰寺でも会ったし、取り憑かれたか?
足の痛みでしかめ面をしている写真を撮られる。(×_×)
こりゃ無いだろう。



それからは近道をしながら、開始時に通った八幡様の前を通り帰宅した。

これで遍路道は繋がった。\(^-^)/

帰宅時間17:10

本日の歩行距離38卍度  歩数58675歩


遍路劇場 完




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM