ヘルシー歴史ウォーク「笠置峠を歩こう」

  • 2017.03.06 Monday
  • 23:15

歴博イベントの後には、必ずアンケートが付いてくる。

 

あなたの興味は何ですか?がいつもいつも付いてくる。

いつも「古墳・山城」と書いてきた。

 

今年度、最後のイベントが歩いての古墳巡り。

何と言うことでしょう!!!

ワンダラー百姓モドキのために企画していただいたようなもの。

 

笠置峠古墳の前方部から後円部

 

古の遺構には妄想を増幅させる材料が積み込まれている。

百姓モドキもこの首長墓の末裔だとも・・・

DNAを調べてみようぜ!何か出るかも?

冨田学芸員さんは、歯を調べるのが一番簡単だと。

 

しかし、冷静になって考えると縄文原人短足族には馬は使えなかったであろう。

妄想は中断。短足ワンダラーに帰る。

 

3月5日(日)8:30 歴博駐車場を出発する。

古墳専門の冨田学芸員さんの挨拶

葉佐池古墳の時にも来て欲しかったなあ〜

 

今年度の最後の事業。しかも好みの事業。

天気も最高、言うことなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笠置峠古墳に隣接する宇和盆地と八幡浜を結ぶ里道、笠置街道を歩くのが目的。で、宇和盆地の古墳文化や街道にまつわる歴史も学ぶことが出来る。

 

 この事業もジオパークの研修活動ともリンクしているのであろう。ジオパーク認定・継続も厳しい事よ。


 

90ほどの古墳から3カ所、遺跡が1カ所。

 

岩木赤坂古墳

ナルタキ古墳群から2カ所

笠置峠古墳

 

と、西の前遺跡を見学することになっている。

 

ナルタキ1号古墳と内部

この裏に、2号古墳がある。

杉林の中には、

あと5つほどあるようだ。

(掘ってみたいなあ〜

 

次に、西の前遺跡

奈良時代から平安時代にあった岩城廃寺ではないかと言われている。

近くには、宇和郡衙があった可能性があるとのこと。

 

妄想は広がる。

予定よりも30分ほど早く出発し、笠置街道登り口に到着 9:45

前回行った三瓶神社の裏手に当たる。

標高GPSで230m MAPで220mと出る。そんなことを話していたら・・

地元の方が、ほらここが測量点と指さされ220mだと言われる。

 

ふんふん

(奈良郷は190m程度だから、30mの違いしかないのか?)

 

 

 

 

 

 

ここから、笠置峠古墳までは9つの見所があるの言う。

これもジオパーク関連観光興しか?

 

馬頭観音

清水地蔵

石畳

ものい嶽

古墳の窓

遍路墓

峠の茶屋

文さん井戸

峠の地蔵

で、上がりが笠置峠古墳ってか?(笑)

 

チンタラチンタラ登って50分。

 

ものい嶽で休息、前期高齢者級の参加者ですから。

その間に、小生と松山からの後期高齢者氏だけがものい嶽調査。

宇和盆地が一望できる。syoryuさんの垂涎の撮影ポイントとなるであろう。

たぶん・・・ガスって来ればの話かな?

 

文さん井戸は大したことないと宇和の方が言われるのでスルー

 

峠の地蔵さんも、真しやかな言われはあるが、う〜〜ん。

ま、いいか

 

10:40到着予定よりも1時間以上ゆとりあり。

 


10:50 後円部を背に説明をしている冨田学芸員さん。


 

 11:00 少々早いが早弁としゃれ込む。

  本日の百姓モドキのメインディッシュは、喫茶山野の豪華ちゃんカップ麺

  これが山野で食べると、ことさら美味。トレビアーン!! (御大尽様には解らないだろうなあ〜)

 

 

 

12:35 八幡浜市釜倉着 予定よりも1時間半ばかり早い。

早いのは良いことだ。歴博に帰って事後説明を受けることにする。

 

「特別展 えひめの古墳探訪」

4月9日まで展示中 

 

タイムリーな説明となる。佳きかな良きかな!!

 

夏のメインフラワー

  • 2016.07.13 Wednesday
  • 22:07

何てこったい!

 

侑馬山野草園、今の時期のメインフラワーのアップを忘れていた。

 

百一草園で買ったキレンゲショウマ

 

 

昨年は、芽が出てくる度に鳥に食べられて咲くことはなかった。

 

 

10株ほどになったが、花芽を付けているのは4株ほど。

キレンゲショウマウン?

ここでは、キレンゲユウマと呼ぶことにしよう。
 

他にも、咲いてはいるが・・・

一応アップしておこうか

 

橋本先輩にいただいて種から育てたオニユリ。

猪に荒らされて、

上手く育った分と成長が遅くなった分と虚しくなった分が

この一帯にある。

 

 


オニユリの上手と左手にはカノコユリ

ピンクの可憐なユリである。

 

これをシーボルトが持ち帰り品種改良したのが

 

かの有名な、カサブランカだという。


ノジギク、この昆虫が命を繋げてくれる。大事にしなくちゃ。

 

サルビア・ガラニチカ、と言うんだそうな。

山本氏のFBで知った。

 

母親はハーブの、メドーセージと言ってました。

どちらも間違いではないようだ。
 

侑馬山野草園は、昆虫が集まる、鳥が集まる、知らない花がいつの間にか咲いている、という

循環型の山野草園を考えている。

 

そのためには、花木と花と雑草と鳥や昆虫が共存できる環境でなければならない。

 

侑馬池にも、新たに10儻颪10匹、2儻颪250匹仲間に入れた。

すると、目ざとい可愛いカワセミがすぐに来るようになったし、あの憎らしいアオサギも・・・

 

 

何てこったい。

 

 

暑くとも花涼し・・つづき・・・

  • 2016.07.12 Tuesday
  • 23:23

何が何やらみんな咲いてゐる ー山頭火ー

 

夏の花もそれぞれに風情があり木陰で見ると涼しげである

 

今では指輪も・・・・

 

クチナシの白い花お前のような花だった

七重八重花は咲けども山吹の実の一つだに無きぞ哀しき

 

我が奈良郷、清貧百姓モドキの庭に咲くこそ相応しい。

ユリズイセン

なかなか名前を思い出せなかったが、

知人のお母上に教えていただいた。

白のカサブランカ

これが一番最初に咲く
次にピンクのカサブランカ

 

共に大輪であるが、もうすぐ小輪のカサブランカも咲いてくる。

要するに日本的には、ユリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダリア

 

優雅を感じる

毎年、7月早々に咲く。

秋の花という思いがあったのだが、移り気なる故か。
 

ヒメヒオウギズイセン

至る所、我が山野草園でもどこ彼処に咲いている。

それ故に品格を感じないと思っていたが・・・

どうしてどうして・・・・

 

しかも

ヒオウギズイセンと思っていたら違うみたい。

正しくは、姫檜扇水仙(ヒメヒオウギスイセン)らしい。

・・・・ズイセンかも知れない。

 

奈良郷山野草園では、夏の花は少ない。

暑い中を必死に咲いて、健気にも?命を次に繋いでいる。

 

刈っても刈っても雑草の山ー山尾火

 

雑草と違って、何と涼しく感じる事よ。
 

 

 

暑くとも花涼し

  • 2016.07.09 Saturday
  • 23:17

チンポコにも陽があたる夏草 ー山頭火ー

 

のどかではあるが、奈良郷は暑くて暑くて・・・

 

ただ暑く、夏の花は涼しげに居る ー山尾火ー

 

雨時々曇のち晴の奈良郷の山野草園に涼を求めた。

 

雨の時期には、思わず口ずさむ歌、歌詞が正しいか否かおぼつかないが、

 

♪♪雨に濡れてる掌に 1人泣いてる紫陽花

潤んだ瞳の切なさが・・♪♪

 

ヤブカンゾウ

山本氏に指摘されるまで、ノカンゾウだと思い込んでいた。
もう、他のヤブカンゾウは枯れてきている。

この子等ももうすぐ来年のために命を蓄える。
 

 

フウラン

宇和島では、花が咲いたのは1ヶ月ぐらい前だったか。

標高325m丸山の麓の奈良郷では、やはりそれなりに遅くなる。
 

眠たくなったので、後は気が向いたときに・・・続く

 

 

所変われば・・

  • 2015.11.08 Sunday
  • 20:26
 葬儀次第は、小さな事も含めば様々な違いがあることは小生でも知っている。

宗教に違いによるの葬儀にも出会ったてきた。

仏教の葬儀
神道の葬儀
キリスト教の葬儀

仏教の宗派による違いは当然納得できる。

自分としては拘りはないが、我が家は天台宗。
天台宗派の葬儀にも随分出会ったが・・・

今回参列した通夜・葬儀は初めての体験があった。

「弔いのご和讃」を唱えるのである。
勿論、練習してないので各自ブツブツという感じ。



まさに、ご詠歌。

その後、「お念仏のお勧め」を唱える。
三禮(さんらい)
懺悔文(ざんげもん)
開経偈(かいきょうげ)
摩訶般若波羅蜜多心経
光明真言
観経文
念仏
念仏
回向文
三禮

葬送の儀を滞りなく行うのか?
葬送の意味を問うのか?
微妙なところであるか。

奈良郷の貴公子池にはRyoryu Blue。
青い睡蓮も長く生を楽しんでいたのに、
もう今年は終わりかと思っていたが・・・・

長く水の中で眠っていた花芽が起きてきた。
咲くか咲かぬかは気温次第か? 



















二日間奈良郷に来てなかったら、皇帝ダリアが咲いていた。
5カ所に11輪の花
                       




アサギマダラ通信

  • 2015.10.27 Tuesday
  • 22:46
 アサギマダラの来園も日によってまちまち。

7頭を超える日は、10/5以後まだない。6頭が何日か?5頭も昨日を含め何日かある。

今朝2頭を9時に確認してからは、百姓ゴッコに精を出し確認すること叶わず。

日中はEメール確認できなかったが、アルムのママからアサギマダラ情報が入っていた。

すごぉ〜〜
痛ましい。

羽根は傷ついている


オカと書いてあるのか?

10/9に日付か?

オカ to   10/9
mC          57

と書いてあるのでは?とママは判断する。  
  
何の事やら全く不明?

場所が書かれてないのか?暗号なのか?



我が家には、マーキングされたアサギマダラは寄ってきていない。

嬉しくて、一寸寂しい。


ウチに立ち寄るアサギマダラも、羽根が傷ついている蝶もかなりいる。
そんな状態で南に帰ろうとする。
労しいかな、辛いかな、哀しいかな!!


今期最後の睡蓮 ーSyoryu blueー

  • 2015.10.22 Thursday
  • 22:34
 1週間前、10月14日(水)に青い睡蓮の花芽発見。

これは、Syoryuさんに御下賜いただいたもの。

昨年もいただいたが、
それは寒さでやられたのか?
他の水草に負けたのか?
芽は出てこなかった。


それを嘆いて6月に自分用を回していただいた。
それが、本日花を付けていた。

名付けて、Syoryu blue











す、素晴らしい、ブルー
今期最後の睡蓮だけに大事に見守りたい。

愛鯉も良く見物に近づいてくる。
それにつれて、アオサギも虎視眈々と狙っている。

全く世知がない世の中。困ったことだ。


山上憶良モドキ

  • 2014.12.16 Tuesday
  • 23:20
2泊3日の御対面旅行から、先程帰宅。

何はともあれ

これはアップしなければならないでしょう。

12月13日生 2979g
武田 侑馬

白銀母 黄金母 玉母 奈爾世爾 麻佐禮留 多可良 古爾斯 迦米夜母

白銀も黄金も玉も何せむに勝れる宝にしかめやも







感動以外何者でもないですなあ。
じっと見ていても飽きまへん。

アサギマダラ狂騒曲

  • 2014.10.31 Friday
  • 20:23
それはアルムのママの突然のメールから始まった。



10月12日
今年も我が家の「フジバカマ」に来ました。
10月7日に1頭、10月9日に4頭確認、撮影出来ました。
(認識番号はありません)


 他の愛ある言葉は諸般の事情により削除(笑)
で、折り返しママに無念の返信

ありがとうございました。
いいですね。羨ましい。マーキングはこれについてはありませんが、
他についてもありませんでしたか?
我が山には見張り番も居ないので、実際は判りませんが、
時々観る感じでは来たような感じではありません。
フジバカマもヒヨドリ花もいっぱい咲いているのですが、
付いているわけにもいかず、人の話が羨ましい・・恨めしい(笑)


の後、Syoryuさんよりメール

10月14日
 三間町黒井地のあるお宅の庭にフジバカマがたくさんあり、南に向かって移動中アサギマダラが、7〜8匹蜜を吸うため飛んでいます。この後、佐田岬か九州に移動するのでしょう。

これを、すぐに池田市の相原先輩に転送する
マーキングのあるものはないかとの問い合わせ

10月15日Syoryuさんよりメール
アサギマダラのマーキングは、「HAS-904」とありました。
ネットで調べたのですが、分かりませんでした。


10月16日アルムママよりメール
こんにちは
ブログも見させていただいてます。
とても、忙しそうですね。
10月16日
フジバカマの花も満開です。
今日は9頭来てます。
どれにもマーキングは見当たりません。
我が家の「アサギマダラ」はどこから飛んでくるのでしょうか。
また、ブログ楽しみにしています。


10月17日11:20 相原先輩よりメール
アサギ写真ありがとう。早速、池田人と自然の会に転送(注)
調べてもらっております。
    別宅の森(注・奈良郷山野草園)には来ていませんか?
(注 相原先輩より池田人と自然の会への転送メール)

今城 様
 宇和島在の友人より、添付の写真が送付されました。
 場所がわかれば教えてください。
四国ではマーク蝶が発見されているようです。
 相原

      

この直後から「アサギマダラ狂想曲」は鳴り響くようになる。
10月17日16:47 相原先輩よりメール

アサギの件、下記のように問い合せが来ております。
撮影者の了解をとってください。
富士山から40日ほどで宇和島へ、これから何処に行くのでしょうか?

                   相原

池田人と自然の会今城さんより相原先輩へのメール
相原様
マークですが東京の橋本定雄さんが9/4に山梨県の
富士山山麓でされたものと思います。
HAS-904以外に日付などの情報はないのですね。
写真を撮影された場所は龍光寺というところですね。
県、市、町名など分かりますでしょうか?
それから大阪自然史博物館のアサギマダラの
メーリングリストに武田恭一様のフルネームが出ても
よろしいでしょうか?撮影日もお知らせ下さい。
今城


周章てて、Syoryuさんに連絡して、先輩に連絡して貰う。
氏名の公開はOKの返事をしたと連絡がある。

10月18日 8:10相原先輩より移動情報のメール
アサギマダラのそう偉大な渡り蝶ロマンが提示されることになる。

武田 様
アサギの件、早速、東京の橋本さんからメールが届きました。
松田さんに転送願います。一体どこまで行くのでしょうか。
また次の場所にて捕獲できれば面白いものです。
              相原

-----Original Message-----
From: 今城香代子
Sent: Friday, October 17, 2014 10:09 PM
To: 相原 照章
Subject: FW: [asagi:023501] 【移動情報】 愛媛県宇和島←富士山北側 HAS 904
FUJI 9 .04

相原様
橋本定雄さんから標識情報が送られてきました。転送します。
今城香代子
--------------

【移動情報】 愛媛県宇和島←富士山北側 HAS 904 FUJI 9.04

今城香代子さま、金沢至さま、MLのみなさま、こんばんは!
我孫子の橋本定雄です。
相原照章さま、藤家秀一さま、今城香代子さま、金沢至さま、
再確認情報ありがとうございます。
松田隆さま、再確認・撮影ありがとうございます。
間違いなく橋本の悪筆です。
移動情報を報告します。

【移動情報】
標  識: HAS 904 FUJI 9.04
性  別: ♂
移動距離:606
移動日数:30日間
移動方向:西南西

【標識情報】
標識日時 :2014年9月4日 10:39
標識場所 :山梨県南都留郡鳴沢村林道富士線
北緯35°24′12″ 東経138°40′56″
Alt.1650m
標識者 : 橋本 定雄
標識状況 :ヨツバヒヨドリに訪花、鮮度は良。
前翅長 52mm
天候 晴れ

      ↓

【再確認情報】
標識:HAS  904
性別:♂
撮影日:2014年10月14日AM11:33
撮影地:愛媛県宇和島市三間町黒井地(くろいじ)
撮影者:松田隆

コメント 今年も富士山北側から愛媛県への移動が確認されました。
富士山北側からの移動は29個体再確認され、うち5個体は
北、または東への移動。
西方に移動している24個体の内、10個体が北側のコースをとっています。
この後の再捕獲・確認を期待しております。
以上です。
[asagi:023492] の報告への対応です。
・・・・・・・・・・・・
橋本 定雄
・・・・・・・・・・・・
------ End of Forwarded Message

10月19日 相原先輩・Syoryuさん・アルムのママへのメール
我が家にもアサギマダラが来ていました。
昨日、14:50に山野草園のフジバカマエリアに、
新しく買った小さなフジバカマの苗を植えようと近寄ったときに、
アサギマダラのようなチョウが上昇スパイラルで
林の中に消えていきました。

それで本日、11:00に用心深く見に行ってみると、
吸蜜しているではありませんか?
1頭だけですが、14:00頃も吸蜜していました。
♂でマーキングはありませんでした。
綺麗な身体に、マーキングする気持ちも起こりませんでした。
(学術的には、調査協力した方が良いのでしょうが)



 ワンゲルOB会から帰ってからも、アサギマダラはフジバカマに寄っていた。

10月28日には、1頭になっていたが順次飛び立っていったと考えていたが・・・
先輩によると、滞在は3日程度、違うアサギマダラが来たのだろうという。??

マーキングをしておけば、それも明確になるのであろうが・・・痛ましい。
 10月20日 4頭いた。

10月26日

10月28日の午前中にはいたが、午後は姿を見つけることができなかった。

 フジバカマも枯れ、ヒヨドリ花も枯れ、野菊に留まったりしていたが・・・
アサギマダラで騒いだ10日間が終わった。来年はどうなるのだろう。
案外、覚めているかも知れないし、ヒヨドリ花の吸蜜の写真が出るかも知れない。

 松前町の三原氏は、岩墨山で200頭ぐらいの群れを見たといわれるので、
探蝶に行くかも知れないし、マーキングをする自分が居るかも知れない。

どうなるか楽しみでもある

奈良郷点描

  • 2014.08.20 Wednesday
  • 22:44
 8月19日(火)
ツマグロヒョウモンの♀か?


これの親は誰だ
モスラか?

これの方が似ているか?東京タワーに巣を造ったヤツか?

こいつは気が優しそうだからちゃうやろ。

垂れ目の蝶っていたかね。?
何とも愛嬌があるが・・・かみさんは嫌いだと。

「見る目がないね!!」

「だから一緒に居るんじゃない!!」

「・・・・・・」

 何か文句があるの?


 イヤイヤ文句はないが・・
   口は災いの元。固まっとくか


それじゃ国は変わらない。

ミンミン鳴こうぜ。

ちょっと静かにしてくれないか。集中できないじゃないか!!

下に餌がいるんだぜ。


パタパタパタパタ



パタパタパタパタ

池にはいろいろな生物がいるんだから静かにしろよ


私もここで生きているんですぜ。

俺のテリトリーだ。

そこは、俺のために造ってもらったんだぜ


私が居たっていいでしょう

あんたどうやって上がったんだい。

まだまだ飛べないんだろう?。

水の中に入りなよ。涼しいよ!!

昆虫も好みなのよ。


中山間地域の奈良郷には人間どもを含めいろんな生物の多様な生き方がある。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM