奈良郷の春

  • 2017.03.08 Wednesday
  • 15:00

梅あまた咲いて奈良郷の春を知る ー本歌鳥ー

 

 

 

 

 

 

実できるかメジロ吸いつづく  ー山尾火ー

 

 

残月にもう少し活きるかと梅  ー山尾火ー

 

 

 

 

 

 

 

ヒヨドリの居ぬ間にはよはよメジロー山尾火ー

 

平成28年 わだちの会

  • 2016.12.08 Thursday
  • 22:21

平成28年12月3日(土)

 

この日は、高校50周年同窓会の打合せが16:30から入っていた。

 

ところが、わだちの会の開催がこの日にダブってしまった。

 

松山に行って飲むならのなら、夜のネオンも楽しまなくては・・が基本。

 

どうしようか欠席かな?と悩みに悩んで・・・参加。

 

車で行って、ネオンは諦め飲み会でもウーロン茶。

 

車で行けば背水の陣、14:30には退席する。

 

11:30前に会場の友輪荘に到着。

 

お釣りの要らないようにとの指示を守っていなかったので・・・

 

下の喫茶店で時間調整と会費合わせのお釣り確保。

 

nagai氏やsyunchan、yamasita氏やkanaji氏としばし懇談。

 

会費が出来たので早めの受付。

 

幹事のMaeda氏とSinozaki女史。毎年変わらぬ構図。

 

 久しぶりのkitani氏も参加だが・・話は厳しい内容。

FUkuda氏も久しぶりか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Azuma会長も朝5種類の薬愛好家になっていると挨拶。

ある面不健康が自慢げ?に話される方もいる。(笑)

 

 

 Ochi副会長も多様な生き様。人間斯く在らねばならぬ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  新加入の二人、それぞれの人生                 それぞれと情報交換する時間もない・・・

 

 

今年もお疲れ様。ここに参加することが元気で活きている証左。

来年も参加できますように?といえば年寄り臭いか?(笑)

 

 

 

ただ、気がかりは参加予定になっていたI女史が少し遅れると連絡があったのに、来られなかったこと。

だんだんそのような年齢になっていく会員。

 

さてさて・・・・・・・・・・・・・・・・、どうしようか?

 

 

 

 

 

 

もう一つの温山会東海支部総会&懇親会

  • 2016.07.28 Thursday
  • 23:05

林専務理事からHPをアップしたから見てくれとメールが入る

 

https://www.onzankai.jp/shibu/shibu-2919/

 

 

それはそれで、小生的には名古屋城と徳川美術館

さすが親藩。

堂々たる構えである。

 

 

♪♪尾張名古屋は城で持つ

商大ワンゲル俺で持つ♪♪

が、所詮鉄筋コンクリート。

城の品格は松山城や高知城には遙かに落ちる。

(あくまでも個人的感想である)


御殿は改造中であるが、写真はフラッシュなしならOK。

文化財はこれでなくっちゃ。

 

モナリザさえそうなのに、ね。

 

2時間半ほど楽しんでさあ、徳川美術館。

 

Ecchanが源氏物語絵巻を預けているので、

確認しとってくれとの要望もあったが・・

本日は月曜日

で、休館日だった。ミュージアムハンターとしては迂闊であった。

 

残念。

 

で、高島屋の山本屋本店のみそ煮込みうどんとビール

「清洲城」かはたまた「ひつまぶし」か

 

2杯飲んだらどうでも良くなって、熱田神宮に決定

 

信長塀

 

宝物館にも入って観るのでなく、ただ見るだけ。

 

一時間半ほど散策して・・・

蓬莱軒のひつまぶしを食べに行こうとスマホを観ると

何と16:30までお休みだとか(×_×;)

 

 

セントレアで風呂に入ってさっぱりしてビールにひつまぶしといこうかい。

斯くして、農繁期における百姓モドキの二日間が終わった。

 

雑草を思えば・・・イヤイヤ思うまい。

 

明日は明日の風が吹く。
 

 

松山大学温山会東海支部総会&懇親会

  • 2016.07.16 Saturday
  • 23:30

「人も歩けば御縁に当たる」、何て言わないか・・・

「縁は異なもの味なもの」とは言うわいな。

 

昨年の12月30日、富士山女子大学駅伝の応援で出会いがあった。

応援に行った経緯は、以下により省略。

http://sizenno.kyo-chan.net/?eid=1106840

 

今回の御縁は、残念ながら、お・と・こ

東海支部の事務局長をしている重森さんと出会ったことが、名古屋までも出張る事になる。

 

案内状を出しますから・・

イエイエ、遠過ぎて清貧百姓には行けません。・・・

ワンゲルの先輩が駿東郡に居られますので住所を連絡します・・

 

 

マジに、案内状が来た。\(◎o◎)/!

金があれば、名古屋より横浜だろう!!

 

杉野さんが来られるとメールで連絡がある。

う〜〜ん、サプライズで行こうか?

 

そうだ、10年ぶりのひつまぶし、

そうだ、10年ぶりの矢場トンのワラジトンカツ

そうだ、未体験の名古屋モーニング

そうだ、徳川美術館と名古屋城

 

前日の夜に夜行バスで行き、当日の夜に帰れば安く上がれる。

よしこれでやろうと思ってかみさんに言うと

腰がダメになったら雑草はどうなるのよ!ってことで

 

我が目論見は却下され・・

名古屋は名古屋の風が吹く。

行き当たりばったりで、斯くの如くの次第となった。

 

前もって、杉野先輩の横に席をお願いをしておいた。

席表を見て杉野先輩は、非常に驚かれたとのこと。

やった!やった!

 

様々な方との出会いがある。

17期の大成氏と

 

グラス片手の山本先輩は水泳部で同級の渡辺と同部。

話が進む。

 



山根氏はワンゲル部近藤先輩と非常に仲が良いとか、

隣の席だった小原氏は小原教授の息子さんだったとか

 

初めて合う方でも、

旧知の間柄であるかのような話が同窓会の良さ。

 

 


あかねちゃんが抽選をして、支部長が発表という形で、

私にも商品が当たる。

 

みんなに当たるんだ!!

 

 

 

 ポンジュースとゼリー類はあかねちゃんにプレゼント。

手動の携帯LED懐中電池とトヨタカレーライス3箱持ち帰り

 

 将来の美人女優とツーショット\(^_^)/

 

 

 

 

結局、興梠温山会長や高原東京オフィス長、林専務理事は別にして、10数人とは話をしたか?。

 

 

 

忙しい重森副支部長と一言二言の話だけ。

 

12月30日に、又富士山女子駅伝に応援に行きましょう。

前日、29日に静岡支部総会をしますので案内状を出します。との事であったが・・

郵便料が勿体ないと御辞退。

小生は、清貧百姓モドキですぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

商大校歌、松山大学校歌、逍遙歌を絶叫してお開き。

 

 

二次会のお誘いは御遠慮して、杉野先輩と途中まで御一緒して別れる。

その時に、大須演芸場も面白いよと言うことで、立ち寄ることにする。

 


三味線の泰葉と落語の三遊亭歌司
ともにFB友達ではないが、生は良いもんだ。
また、聴いても良いと思った次第。


この後、ひつまぶしを食べに行くのは遠すぎる。

 

 

で、矢場トンのワラジトンカツ。


10年前は、余りの大きさに驚いたものだが痩せたなぁ〜。可哀想に政治が悪いからなあ〜。
ビール三杯とこれだけ。

 

 


今夜は、名鉄イン名古屋栄。歩いても近く。
ホテルに帰る途中は思わぬドキドキもあったが・・・まぜそばなるものを食べて、

良い子の清貧百姓モドキはまっすぐホテルへ。

朝まで爆睡。

歴博友の会第2回現地学習会 ー葉佐池古墳とその周辺を巡るー

  • 2016.01.12 Tuesday
  • 22:32
 1月11日(月)


何故かというのも変だが・・・
全国的に国民の祝日に、何故かここにいる。

「ここ」と言っても判る人には分かるが、
分からない人には判らない。


彼らは、ここを黄泉の国の入口だと説明する。
彼らとは、「葉佐池くらぶ」という地元のボランティア団体。


国史跡葉佐池古墳一号石室

「何と言うことでしょう。
古墳修復の匠が古人の生きていた頃の形態の通りに復元したのです」

未盗掘の発掘されたままの状態、若干リアルに複製して再現している。
これは、見る価値はある。
さらに、1号石室と2号石室で発見された本物は松山市考古館に展示されている。

数年前に来たときには、一昔になるか?
ブルーシートで覆われただけの物で、ここが葉佐池古墳だと判るだけの物であった。


国の史跡に指定され、昨年7月にはガイダンス棟も建設され素晴らしい施設になった。


これも未盗掘で肉バエが全国で初めて発見された事による・・と彼らは説明。



彼らはどこから来たのか?何処に行ったのか?
何故死んだのか?追葬されたのか?彼らの関係は?等々。


肉バエは「もがり」の儀式の証明。
しかも、日本で初めて証明されたことがこの古墳の価値。



この後、駄馬古墳を見学

天井岩が落下している。開墾により盛土が剥がれたり、流れたりして・・
当時としては、生活が第一なので、これはこれで仕方がない。

この後は、姥ヶ懐(うばがたに)窯址





窯址がこの北梅本周辺から16カ所が確認されている。
おそらくもっとあったに違いない。

久米官衙でもここの須恵器が使われていたし、他の地域にも送られていたらしい。
ここが廃れて、陶器の中心が砥部に移っていったことにも妄想は頭を駆けめぐる。
否、砥部の成長が著しくなったのか?


この登り窯遺跡を見学して帰ると2.5劼了曲發箸覆襪、
途中で歴博友の会のバスが迎えに来た。モッタイナイ!!

返す返すも、フィギアミュージアムの30分が勿体なかった。
葉佐池周辺で時間を掛けた方が正解だったな。

今度は弁当持って1人行こう。






冬の山野草園

  • 2016.01.10 Sunday
  • 22:30
 冬の山野草園は・・・寂しい
奈良郷は寒い。
ロウバイも宇和島に比べると一ヶ月は遅い。


白椿                
寒さの中でなお寒々しい。



センリョウの赤はホッとする。





黄色センリョウは可愛い。

山野草会の方々は、百両が一番価値があるといわれる。

そんなもんか?
確かに、マンリョウよりもセンリョウの方が良いのは知っている。


ボケの花も2輪咲いた。

築山は、花もなく冬眠したまま。
ブルーネットの下には、カタクリの幼根が春を待っている。

芽が出てくれるかどうかは分からない。
百一草園で、一箱5000円でかったもの。
それゆえに、いくら芽が出るか気がかりである。
60本ほど有ったので、半分でれば良いとするか。

奈良郷の山野草園は春を待っている。
キレンゲショウマもどうなるのか気がかりである。

忘れることもあるさ

  • 2015.11.15 Sunday
  • 10:43
 66にもなったんだから忘れることもあるさ!!
気にしない気にしない。
アップするのを忘れていた。

わだちの会
10月31日(土) 12:00〜 於 友輪荘



仕事に関係していた会のOB&OG会である。
小生以外はかなりお年を召した方が多い。

いつもは、この会の終了後に宿泊して県都の夜を楽しんでいた。
と言っても、
ウッドストックで飲んで・・・
豚珍行で中華ソバを2玉食べで
歩いて定宿に帰るだけの・・・
極々些細な小市民の夜遊びだが・・・

今回は、超ビジーなイベント週が待っているので健康な日帰り。
往復のバス代が何と2,850円。
癖になりそう。

 受付風景

Azuma会長は
いつもニコニコ。
Maeda氏とSinozaki女史とMatuoka氏が常任幹事?


この方達のお陰で旧交を温められる。一方では、退職してまではやることもないだろうとの考えの方もいる。
参加は全く自由、任意の会。


近況や時には思い出話にも花が咲く。

Mihara女史から篠崎氏の貴重な情報が入った。
S55年から知り合いとなり、折に触れ付き合いがあった方である。
遍路に行かれているとのことで、早速電話を入れてみる。
「今どこですか?」
「観音寺!」
遍路への想いはますます深くなるが、今度は通し遍路。
区切り打ちは足腰や日程のロスが多すぎる。(; ;)ホロホロ

彼も介護の関係で区切り打ちをやっているとのこと。
やはり同じ思いがある。

Hukui女史の温泉の話も興味が湧き・・・
何人かの方々とあれやこれやで時間は過ぎる。

14:30終了

アポなしだが、にぎたつのTabuchi氏に会いに行こうと向かっていたら・・・Maeda氏に出会い・・
大和屋本店に誘われる。
Matuoka氏他何人かが集まっておられるとのこと。

心ときめかせて急いでいくこともない面々であるから(笑)
チンタラチンタラ歩いて向かう
坊ちゃん嬢ちゃんとも話し・・時計台も横目で見て・・
ありゃりゃ、こんなのもあったかと歩く良さを再確認。



車ではこうは出来ない
ここでも写真を撮って・・・


昼食とお風呂の会員になっている大和屋で
コーヒーとロールケーキ



バスの時刻は16:00
周章てて走って向かったが、完走出来なかった分、
出発後の後姿を拝することが出来た。\(^O^)/

お陰で久しぶりの湯築城址を楽しむ。

まあ〜時間を忘れることもあるさ!!
気にしない気にしない!!!


今日の出来事

  • 2015.11.04 Wednesday
  • 22:15
 11月4日(水)
天気晴朗 寒い朝

 と言うことは・・・・・・

鬼北郷は霧が発生しているだろう

8:30 家を出て・・・8:40奈良郷着
鯉にダシ煮干しをやって、睡蓮の状態を確認して・・


気高き睡蓮ももう旅立ち間近。
朝も9:00には咲き、夕方も17:00過ぎまでは咲いていた。
私のためにありがとう。
南無阿弥陀仏


あと一本の花芽はこのまま花を咲かすことも出来ず、水の中で生を来年に委ねるか?

国史跡 中世山岳寺院等妙寺跡に向かう。
目的は、雲海に沈んでいる鬼北郷の風景。

9:13 観音堂跡地であったか?着
ここからの風景
もう少し早く、8:30頃に来ておけば良かったか?



16:55 泉ヶ森登頂
九島大橋を望む
九島と三浦半島


九州遠望と落陽


静寂 宇和島湾



宇和島城もちょと寂しい



にぎにぎしい街の灯りが、泉ヶ森まで届き、回りの暗闇もビックリ


もう少し寒くなると、いい絵が手にはいるかも知れない。

早朝に鬼北郷の雲海、と思っていたが、
東側は50年程の杉が邪魔して見ることが出来ない。 

平成27年 温山会宇和島支部総会

  • 2015.10.21 Wednesday
  • 21:13
 平成27年10月14日(水) クレメント18:30〜
参加人数 49名

中高年の参加者が少なくなり、
中低年も会長や支部長と席を同じくしなければならなくなった。

実に、日本の現状と同じで寂しいことになってきた。





最近は、松浦氏との隣り席が多くなってきた。



オカリナ演奏会でも一緒だったし・・・・・
(詳細はNOコメント)



芳谷副支部長に無理こ矢理こ誘われて、このような始末になってしまい

出だしは、興梠会長だったように思う。
断るのも悪いし、こうなればもうダメだね。卒業間近。

松山大学校歌なんて知らないし適当にそれらしく・・・
松山商科大学校歌は、目をつぶっていても歌える。(笑)



しかし、林専務理事がいる間は留年しよう。
全国を飛び回り頑張っているからね!!


会員に必死のお願い?協力しなくては!!

まとまって、2次会に行くこともなくなり、嬉しいことだが・・・

〆は1人アルムで、ママとアサギマダラ談義。
何故か借り切り\(^_^)/
23時までには帰宅。いい子いい子。

今朝の雪

  • 2015.01.01 Thursday
  • 23:42
大晦日の年越しそばは早めに食べた。
21時には寝入っていた。徹夜での年賀状で眠たい。
風は・・・雪を呼ぶ強風。

1月1日(木)
朝起きれば家の回りは積雪。正月の雪は新鮮で美しい。
心躍る風景である。

さぞかし、奈良郷は雪が多いだろう。
10:50 奈良郷着                        
 
                         
喫茶山野も冬眠
 

山野草も冬眠

鳥も餌が無くて泣いている。

ピラカンサの実でも食べなくては。彼女もそれを望んでいる。



糞の中から新たな命が生まれてくる。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM