土佐礼子と松大駅伝ガールズを囲む会

  • 2017.01.24 Tuesday
  • 23:58

1月14日(土)

Kakuchanから土佐礼子を囲む会に出ませんか?

駅伝ガールズの3名も来宇しますとお誘いがあった。

 

勿論、願ってもないこと。我輩には否応はない。

 

日時は1月20日(金)19:00頃〜

ありゃりゃ、これで3日繋がった。

一昔前の現職中にもあるかなしかの三連ちゃん。

中低年にはちょとキツイかなあ〜

々盥仔荏覯饅猗会(二見)          

土佐礼子を囲む会(ガイヤ)        

ネット研新年会(台湾創作料理Ryu) 

 

27名程度と聞いていたが、どんなメンバーかは聞いていなかった。

集まってみると、場違いではあるが何名かは顔見知り。

 

まあ〜我が立場は、松大女子駅伝部南予地区私設応援団

文句を言われる筋合いもないだろう。なんて我が心を励まし宴に溶ける。

 

 

19:00過ぎ 村井コーチ&土佐礼子家族とガールズも到着し開宴。

 

いつの間にか実行委員長になっていたという河野氏挨拶

 

村井コーチによる選手紹介

中原、上原、三島選手を紹介

 


 

最後の挨拶を土佐礼子さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ交流もあって、写真も多々あるがカットカット

 

 

翌日は、第7回駅伝交流駅伝大会、一応覗いてみるかと陸上競技場 8:40

 

子ども選手に比べてゆとりの駅伝ガール。たまには、こんな事もなくてはね。

 

 で、子ども達の成績は

    女子の部 1位 番城A 2位 番城B 3位 明倫A   

混合の部 1位 清満A 2位 番城A 3位 和霊A

男子の部 1位 明倫A 2位 和霊A 3位 番城A

 

初めて見学したが、子ども達は驚くほど早い。

この中から、第2第3の鈴木健吾が出てくることが期待できよう。

 

午後からのネット研のために11時過ぎには会場を後にしたが、最後まで見たいという気は・・・

後ろ髪を引かれる思い。

 

忙中閑有り。昨夜からの夢の続きの午前中。

 

後日談もある。

松大駅伝ガールズの二人がインフルエンザに罹っていたというオチが付いた。

これは、松山で罹患し宇和島で活躍し松山に帰って発症したということか?

 

宇和島に駅伝旋風をばらまいて・・インフルエンザは?

広まっているという情報はない。

 

 

 

 

     

 

 

 

 

2016 富士山女子駅伝 何が起こるか・・

  • 2017.01.16 Monday
  • 21:48

温山会林専務理事に誘われての1年目。

ゼミの恩師、岩橋先生が初代部長ということで、行かずばなるまいと参加。

この応援で、名古屋の重森氏と御縁ができて・・・・・・

東海支部総会に招待されて、8月にはのこのこ参加をしたりして。

 

今回は応援2回目。

重森氏にも杉野先輩にも再会。

しかし、応援はもう十分でしょう。これで尾張にしようと参加。

 

応援担当区は、2区であったのだが4区がドタキャンで人数が減り、

2区は急な応援者が入ったために、当日4区にメンバー変更。

なーんちゃって、駅伝ぽい表現

 

 

地域の方も子ども太鼓連も松大を応援。

かなえ介護施設の方々も松大を応援。

 

 

 

 

地域の方の応援も届かず、4区で逆転を許す。

 

通過した後すぐに富士市役所に向かうが、5区はすでに通過した後。

 

今年も末包さん運転のマイクロバスのお陰で小回りの効く応援移動が出来る。

7区に向かうまでに、車内のテレビでエース中原の走りを見ることが出来た。

 

駅伝は何が起こるか判らない。

仙台では大きく出遅れたのを彼女がカバーしたのだが・・・

2冠を意識した気負いが走りに変調を来したか?

6区の上原にトップで襷を繋げようとしたのか?

 

6位にまで順位を落としたのが分かった。

 

走りが止まるような・・・

今にも倒れ込むような・・

ガンバレガンバレガンバレ、祈りにも似た想い

あと300m、両腿をパンパンと叩いた映像が映る。

最後の気力を奮い立たせたか?

襷を6区の上原に繋いだ、否、繋ぐことが出来て倒れ込む。

 

富士運動公園の近くに卸していただき沿道の応援場所に向かう。

昨年と同じ最後の急な登りのところで場所を確保。

 

6区の上原が仙台の挽回とばかりに3位にまで順位を上げたことがスマホで確認。

他の応援団にも情報が次々と入ってきているようだ。

7区の松田も3位をキープしている情報も入る。

ホッとした空気が流れる。

 

松大3位の表彰式

 

当日の記録は
1区(4.1K)   高見澤安珠  12’42″   区間賞 
2区(6.8K)   高見沢里歩  21’19″   区間賞 
3区(3.3K)   藤原あかね  10’25″   区間3位
4区(4.4K)   古谷  奏  14’28″   区間3位
5区(10.9K)  中原 海鈴 38’50”       区間16位
6区(6.0K)  上原明悠美  19’38″   区間賞
7区(8.3K)   松田 杏奈  30’35”     区間5位

 

 

 

選手全員の記念写真

 

監督の言葉や選手達の一言・決意表明に涙が落ちる

 

 

中原の状況や襷を幻の8区4年の補欠三島に必ず繋ぐという想いを聞き・・

涙は止まらない。気が付かれないように下を向いたり遠くを見たり・・

 

 

今年で応援は終わりにしようと思っていたが・・・

 

 

あとは、さあ湯らぎの里温泉と丸天で懇親会。

 

いろいろ書きたいことも多々あれども、明日は歴博友の会。この辺で寝るとするか。

 

あれやこれやで、繋がりもできて尾張も遠くなりにけり?(意味不明)笑

 

2016 富士山女子駅伝 序章

  • 2017.01.16 Monday
  • 01:19

今年も富士山が姿を見せてくれた。

 

富士宮に又来て覧れば白妙の神の高嶺に雪を被せり

 

今年も来たゾー、富士山本宮浅間大社。

 

もちろんお詣りじゃない、2015大会に引き続き駅伝応援2回目。

 

仙台に引き続き2冠を見ることが出来る、はず。

応援団の思いは同じ!

 

 

ところが、出発する29日の16:30 松山の叔父の訃報が入る。

あっ、これで応援は終わったと思ったが・・・・

斎場の関係で葬儀は年明けになるという。

 

すぐ弔問に向かって・・・技間ほどで辞し・・

松大に車を置いて、1時間少々を有効に使うためにタクシーで・・

ウッドストックで叔父を想い一人酒、兼ねて睡眠導入剤を五杯だけ。

21時にタクシーを拾い松大へ集合時間の10分前着。

 

21:30    出発 普通の観光バスでトイレなし。

 

何ともかんとも酷なこと。

 

 

狭い車内で気を付けなければならないこと。エコノミー症候群。

足の運動のために、3回ほどパーキングで足を伸ばしマッサージ。

足を伸ばせるバスがひたすら恋しい。

後で、聞いたところに拠るとその手のバスは・・・

年末年始は不足して、通常観光バスを長距離用にも格安で使用するとのこと。

 

 

そんなこんなで走り続け・・・

5:40 静岡SAで時間調整の休憩と朝食

うどんと卵丼?だったか・・・記憶にはない。

二度と食べないぞとの記憶はあるが・・・

 

で、7:30 富士宮市に着いた。

さあ、長い一日が始まる。

 

   松大女子駅伝部ファイト 応援団ファイト

 

侑馬池物語

  • 2016.10.20 Thursday
  • 22:52

10月9日(日)

大山に出発する前の日Syoryu blueの睡蓮に小さな花芽が出た。

 

そして、15日やっと花芽が膨らんで、16日の朝、睡蓮は開花していた。

 

その間の侑馬池の睡蓮と鯉と蛙の短文物語。


 

 


水面下の画像だけは何故か自然の花の色に近い。

 

 

鯉も花見に訪れる

 

 

蛙だって、ただ鳴いているだけじゃない。

楽しい性活も哀しい現実もある。

 

 

鯉も蛙もメダカも侑馬池で楽しんではいるが・・・

可愛い川蝉も憎らしいアオサギも安穏な生活に棹さす。

が、それでも睡蓮は花芽を出し、花を咲かす。

 

 

いつまで、楽しませてくれるか?

宇和島運輸フェリー「元気です!大分モニターツアー」

  • 2016.09.22 Thursday
  • 20:58

健忘症順調に進化及び深化

アップするのを忘れていた。

 

気まぐれ申込のモニターツアーに当たってしまった。

熊本大分支援のツアーだという。

 

こう書けば、担当者に大変失礼なことであろう。

が、孫のジジババ孝行行事で超超ビジーな時期と重なった。

お許しあれ。

 

で、16日〜17日の予定が16日は対象外の日だという。アラリャリャリャ。

 

ということで、8月17日の日帰りツアーで義母は行けずに3名の参加。

気忙しい、清貧百姓モドキには相応しいドライブと相成った。

 

 

場所は、くじゅう花公園。

美しい物を求める小生に相応しい場所。

入園料1,300円は2名までは出していただける。\(^_^)/


小生の好きなキキョウ                  センニチコウではない?ほらあの歌に出てくる・・・・ワレモコウ

 

これは犬でも知っているひまわり

九重連山を借景に佳き花園である。
 花園の群落は良いもんだ。小鳥の餌も取れるし、

奈良郷にも植えるとしよう。

 

 

 

考えていた所で食事する時間が無くなり、園内で摂ることにした。

 

バイキングだったかな?何を食べたかの記録はない。

 

義妹の都合で、フェリーの時間も早めに採ったが為に気忙しい日帰りツアーと相成った。

 

ゆっくりと、美味いものを食べながらの旅が良いものだ。

次回はスロースローで行こうと運転しながら思った。

 


 

奈良郷食堂

  • 2016.02.26 Friday
  • 20:19
 本日のお客様は

ヒヨドリ
ハシボソガラス
スズメ
ホオジロ

庭でごそごそしたり
梅の木剪定したり
畑で野菜の周りの雑草引きしたり


で、スタッフもいなくて
「ご自由にお食べください」だったので
正確には分からないが・・・・


本日は、初めてのことであるが
相席をお願いした。
というか、勝手に相席で食べていただいた。

メジロが食べていたら集団でスズメが。

メジロは嫌がったが・・。













仕方がないかと諦めて














再び食べ始める。
数が物を言う。スズメの世界も・・・人間世界も醜い政党もある。
餌場を占領してしまったスズメ族


ここは俺等の独断場だ。

文句を言うのは誰だ。


そうは五十崎内子の手前。

みんなで、ある物をシェアして譲り合って食べるもんだ。


恐れ入りました。メジロ様。


メデタシ・メデタシ。

もうすぐ・・・

  • 2016.02.25 Thursday
  • 10:46
日が落ちると寒くて・・・
百姓ゴッコの職務意欲は萎える。

実感的にもうそこに春が見え隠れしているのだが。

一昨日も、昨日も、本日も寒い。
朝早くから奈良郷に行く気力は起きない。
百姓モドキ労働時間の基本はフレックスタイム制。
何ら問題はない。


で、テレビ番もがないので、最近の奈良郷を実況でもと思いつく。

鳥族の食事の順番は強い者優先のか?
 まずハシボソガラス。山には6羽ぐらいが巣を造っている。
リンゴが大好きで、輪切りにすれば咥えて運ぶ。

ヤツを追っ払うと、ヒヨドリが来る。彼も数羽が近くに巣を造っている。

二羽で来ることが多い。

5m程まで近づくと、近くの山桜の枝に逃げるか貴公子梅園まで飛んでいく。












そうすると、待ってましたとばかりにメジロがやってくる。
ヨッ!待ってました







そうしている内に、チュンチュン・チュンチュン・チュンチュンチュチュ
 昔は害鳥、今益鳥。自然界は上手くできているのだ。人間を含め生物・環境全てが関わりを持って生の連鎖を受けている。

米を食べるので害鳥などと一面だけで観てはいけない。

集団で、キンモクセイの樹木に集まって過ごしているようだ。
















 この方は誰だ?


この方が来たり、ホオジロがきたり・・・。


 写真こそ撮れなかったが、ケーン・ケーンとないで雉の雄が山野草園から伯耆神様の方に飛んでいったり・・・・



垂れ梅も満開間近。



















 


梅は散って桜の時代。もう春はそこにある。
嬉しいような・・・
雑草戦争・・・悲しいような

大雪風雪雷波浪低温着雪注意報 〜大寒波襲来〜

  • 2016.02.19 Friday
  • 23:20

1月24日(土)

大雪風雪雷波浪低温着雪注意報発令 
愛媛にこれだけの注意報が出たことがあったのだろうか?
記憶にない。
健忘症があるから大きな声では言えない。

侑馬池も静寂の中にある。

キセキレイが池の雪で遊ぶ。

地下水は凍らずに流れ込んでいる。

センリョウとマンリョウは小鳥の餌

瓶の中は氷、周りには雪。
このような状態は滅多に見られるものではない。


大寒波が通り過ぎてもう4週間が過ぎようとしている。
寒くて百姓モドキは冬眠の状態。
餅を食べたり・・・・
ストーブを囲んだり・
チョコチョコとしか百姓ゴッコもしないから・・
太るばかりで、腹はズボンを拒否する。
全く困ったものだ。


2月16日(火)
伊予路はこれが終わらないと・・・
椿さん寒波に見舞われて、宇和島に雪が積もる。
泉ヶ森方面はガスって見えないが、雪はそこそこ在るようだ。
さあ、奈良郷の雪は如何ばかりか?
湿気を含んだ雪で大したことは無かった。


梅も咲き誇り、栗畑ももう春が近づいている。

ヒヨドリもメジロもホオジロもミヤマホオジロも
シジュウカラもジョウビタキも元気だ。


今では先日の大雪風雪雷波浪低温着雪注意報も嘘みたいだ。


「2015富士山女子駅伝」応援バスツア

  • 2016.01.02 Saturday
  • 16:37
 12月29日(火)

温山会林専務理事より応援バスツアのお誘い。
0泊3日。う〜〜ん。かなり強行軍。
しかも、車内にはトイレがない普通のバス。
それ故か?参加費2,000円

小生のような清貧若者しか参加できない。

8:30 浅間本宮大社 
束の間の富士山が姿を現す




雲に隠れていた富士であったが、私がバスを降りて雲を払ってやった。

皆さん喜んで写真を撮りまくり。


























浅間本宮大社お詣り口石灯籠


富士山は高くさらに天は高し
昨年の愛媛マラソンの女王、山上さん


これより応援担当区(2区)に行く頃には、再び雲が隠していた。


「応援は名前を連呼してください」
「各区4名程度ではそれぞれが名前を大きな声で叫ぶ方がよく判る」

「了解」

しかし、写真を撮ったりするのは難しい。
名前を呼ばなくてはいけないし、ピンポイントでの撮影は無理。

10:10
応援場所を慎重に選定して、
連絡を取りながら、ランナーが来るのを待つ。

この2区は
林専務理事と
岡崎市の温山会員、重森氏
地元富士市の温山会員、越智氏
と、小生。






終われば、応援可能な区を確認して急いで走る。と言ってもマイクロバス。

静岡の温山会員、末包さんがマイクロバスを適切に応援場所を判断して運んでいただく。

感謝以外何者でもないだろう。

やはり、ここでも写真が撮れない。プレスに専念する人間が必要。

ここは4区。



 通過すれば、急いでフィニッシュ区間に向かう。

近くの駐車場で末包さんが待機していただいている。

最終区では、最後の坂と競技場入口とスタンド応援組に別れる。
競技場に入る前の最後の坂に2区担当応援組が待機。

地元の方にも応援をお願いする。
松大の応援を頼まれたからと来られた方もいる。
すこぶる嬉しいことである。

ワンセグとSyoryuさんからの情報で一喜一憂。
2,3位を争っているとの情報も入ってきたが、振り切られたか?
目に入ったのは名城大学だった。


急いでスタンドに走るが、松大まではすでに勝負は決まっていた。

ブルーのユニホームが松大。
まだ、次々と入って来ている。

  12:40?表彰式
勝った順番に並んでいる。
立命館、名城大、松山大、大東文化大



第1位 立命館大学


第2位名城大学(写真とは関係なし)


第3位松山大学



表彰式に於ける3位と4位以下の差は大きい。

表彰式終了後は各大学が集まって・・・
記念撮影やら選手の決意表明やらエールやら・・・



昨年の愛媛マラソン女王とその母親とスリーショット。
アップの許可も受けた。ヤッホー


15:30〜17:30
スーパ銭湯 湯らぎの里でやすらぎタイム 750円
サウナもジェットバスも薬湯も・・・
休憩室もあり・・・

夜行バスでの疲れを癒す。
バナジウム水の銭湯だが、富士山の近くなのに温泉はないのか?

バスで移動して
18:00 魚河岸 丸天 富士店で応援隊懇親会 4000円

飲んで飲んで・・・・
話して・・・・
佳き出会いに乾杯・・



中国からの留学生も参加



東京からの応援組 真鍋氏からは岩橋先生にメッセージも預かり
高原氏からも玉井氏や石丸氏や岩橋先生の関係を伺い・・
越智氏からは駅伝のメンバー交替の話なども伺い・・

この応援隊は、当たり前だが陸上部?関係の方々が多いのも判り・・
面白い出会いの応援隊であった。

機会があれば、又参加してみたい想いは深まる。
しかし、トイレ付きバスを検討してよ。
安心してバスの中で飲めないジャンか?

よく考えれば、飲まさない策略もあるんかな。

12月31日(木) 8:30 無事宇和島帰宅

あと幾つ寝ると・・・・タブレット試験投稿

  • 2015.11.19 Thursday
  • 16:37
侑馬、あと幾つ寝ると・・・・・横浜行ける?

ジイジ、指折って数えろよ!


1、2、3、4・・・・・7、8
あっ、ここまで寝たら高野山行くぞ ??

それはいいけど、侑馬の家に来るのは幾つ寝るの??


一杯かぞえて分からなくなったよ?

 なさけねぇなぁ〜。遊んでやらないぞ!!!


 まっ、高野山打ったら連絡するよ。

りょうかい

来たら彼女を紹介するよ

センタリングとか微妙なアップの方法が分からず、
時間ばかりが過ぎる。研究の要有り

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM