里山

  • 2017.07.16 Sunday
  • 23:06

人と生き物が共に暮らす自然、命響き合う美しい世界・・・里山

 

カサブランカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿の子百合

花を付けるのはもう少し先である。

これをシーボルトが、オランダに持ち帰ったと言われている。

 

ヤマユリとオニユリ

 

サルビア・ガラニチカ

あっという間に地下茎で繁殖する。

この時期に花を切り取っても、新たに花を付ける強い植物である。

 

 

サルスベリ

 

挿し木で増やすことができ、

秋まで花を楽しむことができる。
 

ムクゲ

 

芙蓉の花に似ているが葉の形が明らかに違う。

これが咲いて後に芙蓉の花が咲く。

芙蓉と言えば、山の貴公子的には新田次郎・・千代子さんとなる。

 

芙蓉の花の絵が欲しかったが、まだ咲いていなかった。

 

ムクゲ二世

挿し木した分である


 

 

ニガウリの花                                ゴーヤの花


 

 

スイカの花

 

  キュウリの花 先日苗立てしたおニューである。

今食べているのは、うどん粉病に冒されてそろそろお隠れになる。

 

 

 秋の花                            夏の花

 

ヤブカンゾウ

食べられるというのだが、いくら清貧でも・・・

 

ヒメヒオウギズイセン                    ユリズセン

 

私の好きなキキョウ。

先日の鬼北山野草展で購入し、山野草園の仲間入りをした。

 

 

 クチナシの白い花、貴女のような花だった。

 

 ただ一輪の残り花。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海抜220mの奈良郷にも、やっとフウランが咲いた。

暑い中で涼しげな風情。モミジの木に自生している。

 

 

 

暑い日中は、風蘭をを眺めながら自家焙煎サミットコーヒーホットを飲んで休むに限る。

実は、この風蘭は富貴蘭とも言うのだそうな。

富貴名門の子女に恋するを・・・等と吠えたこともある。関係ないが・・

 

この暑い中にも、中山間地域の奈良郷の里山にも美しい世界がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

鳥三題

  • 2016.09.22 Thursday
  • 23:12

百姓モドキの愛鯉の天敵

30儺蕕慮颪覆薜谿み

30m以上の樹上からも獲物を狙うか?

 

それっ〜〜

雄飛とも言えるが・・・・

 

鳴き声は神に見放された音。

ぎゃぁ〜ぎゃぁ〜と陰に籠もった音。

一言で言うなら、下品な声。

 

 

 

極楽鳥も二羽飛び回る

友人に貰って宇和島で放し飼いにしているが、逃げようとはしない。

いと・ブチ・ぼっこ、可愛いやっちゃ。

 

 

可愛いと言うならこれだわさ。

今年買った子鯉は350匹は大部分がこの家族の餌。

昔取った杵柄、餌撒きボランティアの経験は生きている。

今では20数匹しか姿が見えない。

あのにっくきアオサギ野郎も餌にはしたが、主にこの方が食されたのはよく判っている。

 

侑馬池の端で籐椅子に寝ころんで・・・・・

眠りながらもこの方がお出でて下さったのを確認している。

 

一回の御来池で5〜6匹は食される為に、数が減るのは当然か。

かみさんは買い増しに機嫌が悪い。

防鳥ネットを張れと言うが、池の品格も大事やからなあ〜

来年考えよう。

 

鳥も鳥なら人も人鯉笑う ー山尾火ー

 

 

 

 

 

 

 

 

2016 田植え顛末

  • 2016.07.08 Friday
  • 19:50

JUGMの使い勝手が悪くなり、ブログアップをする意欲がなくなったのが4月の中旬。

 

辞めようか?、FBで十分かとも思っていたが、もう少しやってみるかとも思ったりして・・・

思い出しだし・・・

 

 

4月2日 田おこしが始まる。

 

今年は、畦板を漏水防止の為に準備した。百姓ならば冬の間にやっておくべき事であるが・・・

 

百姓モドキは、間際にならないとやらないという習性がある。

モグラが畝を走り、肝心なときに水が漏れて洩れて。
ず〜〜〜〜と、この黒い波板を埋め込んでいくのである。

この余分な作業がずっしっと掛かってくる。

 

世のなかは春一色。


百姓モドキに花見はない。たぶん。

 

 

4月4日 田圃に水を入れ、代掻きの準備。勿論雑草戦争は同時進行。

それ故に、百姓モドキたる所以でもある。(×_×;)

 

 水を貯め始めたら戦争状態。
   水を貯めてしばらく寝かす。

 

4月16日 やっっと、第1次田植えコシヒカリの部

レジェンドTokuchanの高速5条植田植機であっという間に4反ほどが終了。

ホンにあっという間。あれだけの準備が・・・・物足りないほど。

 

 

4月16日のコシヒカリの部終了後も、春の百姓ゴッコは何かと忙しい。

 

次の、幻の米?ミルキークイーンは米作り奇人?(笑)高木さんにお願いしている。

 

高木名人ということにしよう。

 

今年は、種まきが遅くなり引き続いて田植えが出来ない。

で、結局コシヒカリの部から約3週間遅れでミルキークイーンの田植えをしていただいた。

5月9日 高木名人の田植え姿

 

ということで、田植え休みで孫訪問。

5月14日〜5月17日まで極楽極楽。


これが何よりの休みだ



 

 

 

続きを読む >>

私は真面目なファーマーモドキ

  • 2016.03.06 Sunday
  • 21:03
 ファーマーには、春真っ盛りとでも言っておこうか。

少々遅いが、梅の木12本の剪定は終了。
栗の木の剪定は8本ばかり残っている。
放っておいても良いのだが・・
すればするほど、実は3Sが多くなりグー

一方で、ジャガイモを植えなければならい時期が来ている。
昨年は、遍路で何も出来たなったので・・・
メイクイーンと男爵を植えた。


隣りに植えていたタマネギは・・・
雑草天国になりかけ。
手前はホトケノザ。
綺麗なピンクの花を付け征伐するのを躊躇さす。

その向こうは、可憐な空色であるが大胆な名前、オオイヌノフグリ。

名前を呼ぶのには躊躇する。

何れにしても、雑草は征伐するしかない。
放っているとすぐに雑草に食べられる。

雑草征伐の址。

タマネギ敗れて残土有り
畝春にして草木深し

70%程度は、メキリ虫と雑草にやられてしまっている。

農薬は絶対嫌だから・・・
個人的には、そこまでして野菜を守りたくはない。













人間の安全安心の野菜であって欲しいから・・・
などなど、私は真面目なファーマーモドキ。


ある人に安全な野菜を食べさせたいからに他ならないが



そば・ソバ・蕎麦・・そば

  • 2016.03.04 Friday
  • 23:03
 小生のメン好きを、知っている者は知っているが知らない者は知らない。

最近は、日本ソバが3回、チャンポンが1回、うどんが1回と二筋。

2月28日
ソバ処名古屋権太坂店
侑馬と行った。侑馬はうどん。
食べ残しうどんの二筋を食べた。
辛い。お汁は飲めない。

具も食べた。聞いてはいたが何とこゆい味。
さすが関東のうどん。


私は、将軍そば。エビがデッカ〜〜イ。
そんなエビよりも四種類のそば。

ひっきりなしに客の出入りがある人気店。
それだけのそばの味。つゆもよかよか。

2月29日(月)
17:45 シニア割引の手続きをして5,000円を浮かし
66番ゲートの近く、あずみ野でソバセット。

19:20 最終便で帰るときはもっぱらここに決めている。
ここで酒でも飲めればいいのだが松山からは車。(×_×;)


3月2日(水)
横浜から遅れて帰ってきたかみさん、今日は外飯にしようと・・
私の食べたい物は・・・久しぶりの菊屋のチャンポン。



3月3日(木)
昨日、運転中にチラッと覗くと定休日となっている。
おかしいなあ?月火が休みのはずだが?
まあいいか!明日覗いてみるか、ということで3日。

暇を持て余し、写真撮りに狂っているSyoryuさんをソバ悦楽に誘う。
快諾だが、財布を忘れ若干の時間調
整を要す。

大将が言うには、体がもたんので1月から月〜水曜日まで休み。
週休三日制。なるほど。納得。


通常ここでの私はキジセイロ。いと美味し。

ウウ〜ン、たまりませ〜〜ん。
大盛り食べれば良かった。

信州信濃の新蕎麦よりも、ワタシャあなたの蕎麦がいい。
換言すれば??(笑)
日本何処の新蕎麦よりも、ワタシャ侑馬の「そば」が良い。



花の色はうつりにけりな

  • 2015.06.30 Tuesday
  • 19:43
腰の痛みや、あれやこれらで百姓ゴッコはお休み。
その間に、奈良郷では植物の構造改革が進んでいた。

 

何だ?
美しい薔薇の色も、いつの間にか白に変わり・・本家帰りか?


 カキツバタも第2次開花が始まっている。


クチナシの花はすでに盛りは過ぎて儚くなりつつある。
腰の調子は良いときは、純白で可憐に二輪を見るだけであったが・・・

花の色はうつりにけりないたずらに・・・



気が付けば・・・
ヒオウギズイセンも何とかハーブも南チャラの花も山吹も咲いてやがる。

人が休んで池波ワールドに浸っているうちに・・・花は花で花生を楽しんでいる。





名前を思い出せない。気が狂いそう。
別に思い出せなくても我が人生に影響はないのだが・・・あぁ〜〜叫びたい。





カサブランカはこれからどんどん咲いてくる。
花の種類の異なる二株は咲く準備中。


 花はいいけんど、ザッソウも草盛り。
これも何とかしなくっちゃいけないんやが。


山羊さん顛末

  • 2015.06.15 Monday
  • 14:49
どこの局の何の番組であったかは忘却の彼方ではあるが・・・
雑草を食べている山羊の姿、雑草退治に山羊のレンタルとの画像が流れた。

「これこれ、これこそ環境に優しい雑草退治」
奈良郷に帰れば、山羊を飼おうと心に仕舞い込んでいた。

急展開は侑馬出現。

そうだ、田舎のヤギジイチャンになろう。
少女ハイジと可愛い小ヤギが思い浮かぶ。


FBの友人Megumiさんから雌の山羊の里親募集中という情報が入る。
が、これは応募者多数で飼育未経験の百姓モドキにはご縁はなかった。

飼い主の方とFBでやり取りする中で、
1  犬のようにはなつかない        
2  大型犬ぐらいになり暴れるとやっかい  
3 除草効率は鎌で切った方がいいくらい  

ホントかな?ハイジの山羊のイメージ強し。
まあ〜飼っていた人が言うのだから間違いないであろう。

奈良郷に帰ってから赤ちゃん山羊で雌を探すことにしよう・・・
と、思っていたところ

6/5にジブラルタのTanaka氏より
「1才ちょっとの山羊が居ますよ、雄ですが」との話が舞い込む。
余り気乗りはしなかったが、折角の話を貰ったので、これもご縁かと思い
「試用期間」ということでお預かりをした。

早速翌日には、T氏共々に山羊さんが奈良郷に来た。


うわっ、休んで貰う場所もないのに・・・

それも、結構年くってるジャン。
これでも、1才8ヶ月程度だと言われる。
う〜〜ん、ハイジの山羊はどこいった??

雨さえ降らなければ軒先でもいいですよ、とのことであったが・・・

それは余りにも客人に失礼。
急造の部屋を準備して入っていただく。



ネットで調べてみると、フィラリアの病気になるらしいというので
三間の今西氏に注射をしていただき薬も貰って・・・

雑草ステイツ(ZS)対策が大きな任務であるが、
このシロツメクサ(四つ葉クローバー)は余り食べない。(×_×;)


色々試食させてみて分かったことは
破竹等の筍、ビワの葉、アシタバが特に好みのようだ。

雨の中、せっせせっせと草取りに行って食べさすが、
一宿三飯の恩義は感じない、ようだ。

ただ、声がしなくなるとメエ〜と甘え声を出す。
腹が減ると、メエ〜メエ〜を連発。
結構、可愛いヤツではあるが雄だけに荒いところがある。
角を押しつけ押してくる。力も強い。(遊びのつもりだろうが)

ところが、12日に事件は起こった。
晴の合間に、山野草園の雑草対策に連れていくと
喜んで様々な草を食べていたが



サクラソウを植えているところは踏み荒らされ、これはこれでいいのだが・・
問題は、角を木の枝に当てて研ぎ始めた?かなり興奮している様子。
雑草に興奮する成分があったか?
野性に返ったか??
山に連れて行ったのが悪かったか?何せ「やまひつじ」

で、二本足で立って私に向かってきた。
「わあ〜」とは声こそ挙げなかったが、かなりたまげた。
しかも、追いかけてくる。

うまく、木にロープを絡ませるように逃げて、事なきは得た。
遊びの延長か?悦びの発露かは不明なれど、これをやられては身が持たん。(; ;)ホロホロ

ましてや侑馬には近づけられない。


小屋に連れて帰るのも一苦労。
暴れて暴れて、首輪を放さぬようにもって、腰の痛みを覚えたが・・
とにかく放さないで小屋まで連れ帰る。

小屋に繋いで一安心、
が、腰を痛めたのが分かった。歩くと痛い。全く歩けない痛みではないが、
百姓ゴッコは出来ない。

夕方、Miyamoto氏に連絡して、採用試験には落第の由を伝え、
迎えに来ていただくようにお願いする。
トラックに乗せ、暴れたときの対応できる腰の力はない。

結局、16日に迎えに来ていただくまで餌を配達してはご機嫌取ったが、
前のようには、挨拶しても返事はしてくれなかった。
寂しいとき??などにメエ〜メエ〜と鳴くだけで、私の呼びかけは無視しがちであった。
かみさんやその友だちには返事する。

気に入らないと返事しないなど、賢いところもあるのである。
愛着は湧いているけれども、百姓ゴッコの足を引っ張られるようでは困るわけである。




16日18:30
腰痛のお土産を残してヤギジローは帰って行った。
未だに腰は痛くて百姓ゴッコが出来ていない。(;>_<;)ビェェン
雑草は生長しまくりである。


ただこれも、お大師様の思し召しかも知れない。

百姓モドキのため?ザッソウステイツのため?生き物全般のため?



第2次田植え終了

  • 2015.05.03 Sunday
  • 20:34
 第2次田植えはミルキークイーン、本日終了。
準備は、昨日の夕方完了していた。



美味しく・美味しく・美味しくなーれ。

本日は雨、倉庫で丸山の親鳥を焼いた。
御祝いで昼は特別なビール付き。



で、ミルキークイーンて?

Wikipediaに依る説明では・・・
ミルキークイーンは、イネの栽培品種の1つである。コシヒカリをベースに日本で改良された低アミロース品種で、コシヒカリと同等の形態・生態的特性や栽培特性を持ち、東北地方南部が栽培の北限となっている。農林登録番号は水稲農林332号

食味は

玄米はやや白濁している。炊飯すると光沢がよく、アミロース含量は10〜12%とコシヒカリより45%程低いため粘り強い。通常の米よりも軟らかくなりやすいため加水量を10〜15%ほど減らすと適度な硬さが得られ[1]、冷えた後も硬くなりにくい。炊飯米の食味は日本晴より総合的に優れており、白飯おにぎり炊き込みご飯の他、膨化性や風味が良くチルド米米菓にも適しているが、、寿司には不向きと思われる[1]

こんな説明文をいくら読んでもしょうがないやね。

好みは人それぞれ、実食してみなければしょがねえ〜。


昨年はコシヒカリを6反5畝、ミルキークイーンを1反5畝を作ったが

今年はコシヒカリを4反足らず、ミルキークイーンを4反余り。

これで友人の希望には添えそうだ。


芍薬か牡丹かは知しらねども、平成27年度田植え終了を祝って


朝星夜星の艦隊勤務

  • 2015.04.20 Monday
  • 00:11
 知ってるかなあ〜、知らないだろうなあ〜

♪♪朝だ夜明けだ 潮の息吹き うんと吸い込む あかがね色の♪♪ 
♪♪胸に若さの漲る誇り 海の男の艦隊勤務 月月火水木金金♪♪


これを百姓モドキに置き換えると

♪♪朝だ夜明けだ 雑草の息吹き うんと吸い込む わかくさ色の♪♪ 
♪♪胸に若さの漲る誇り 山の男の田圃の勤務 月月火水木金金♪♪


こんな日々を送っているのに、いつも休みのようだと言われる御仁が居る。
泣けるぜぇ〜(>_<)ヽ ナケルゼェ


田圃の回りは草・草・草
それを刈って・・・・



集めて、運んで、堆肥にする・・・これも大変なんだから。

畦立ては、公社に依頼して入船さんにやって貰う。


完了すると、水を入れ粗の代掻きをすることになる。
まったく、月月火水木金金の勤務態勢。



ちょっと時間を作って、竹林に行ってみた。
ここは、イノシシ天国

寸暇を惜しんで・・・かみさんに言われて行ったのに・・



食べもしない大きなタケノコも掘って投げ捨てている。
しかも、3本もである。

土中のタケノコを食べているのは数知らず。
衣食足りて、礼節を知らず。(怒)



田休み

  • 2015.04.16 Thursday
  • 23:13
 4月15日(水)

3月末から月月火水木金金の勤務態勢を取ってきた。

何故って?

遍路を楽しむ間、百姓モドキは百姓ゴッコを放棄していた。
そのツケが確実に現れてきた。


4月になってからは、朝星夜星も参入してきた。(; ;)ホロホロ

で、昨日の第1次コシヒカリの部の田植え完了で・・

魚浩のErichanからグッドタイミングの電話。
中締めで、アンコウ鍋。寒いしなあ〜最高。

今期最後のアンキモを楽しむことにする。


明日は断固、田休みを取ることにした。


4月15日(水)
本日のリフレッシュは津野山地方。
目的は多々ある。

梼原西川路の鯉のぼりの川渡し。半端ナイ鯉の団体が泳ぎ回る。




百一草園のキレンゲショウマ。

山の斜面一帯に芽を出している。夏になれば可憐な花が一面を覆う。

販売分は、
一鉢に4株ぐらい付いて1000円
8株ぐらいで少し太めが2000円

これはお買い得。ということで、
1000円二鉢と2000円一鉢を購入。

ユキモチソウを3鉢頂いて、梼原のお街に向かう。













次は蕎麦の購入であるが、マルミスーパーには目的物の在庫無し。
無ければ農家レストラン「くさぶき」

中越さんの蕎麦は売りきれとなり、急遽オーナー上田知子さんの蕎麦となった。

上田さんは、農家民宿。「いちょうの樹」のオーナーさんでもある

これも美味しい。
やはり、酒が欲し〜い。


泉質がよいと聞いたので郷麓温泉に行ったが予約制だと言われる。
残念。
で、いつもの雲の上温泉に変更。

今回は、特例として先にこれ。
温泉のあとが定番なんだが、今回はしかたあんめぇ〜





















































































































雲の上温泉は、がらがら。
3人しかいなかった。
チョー気持ちいい!!

明日が、2倍ポイントだからか?


































calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM