もう一つの温山会東海支部総会&懇親会

  • 2016.07.28 Thursday
  • 23:05

林専務理事からHPをアップしたから見てくれとメールが入る

 

https://www.onzankai.jp/shibu/shibu-2919/

 

 

それはそれで、小生的には名古屋城と徳川美術館

さすが親藩。

堂々たる構えである。

 

 

♪♪尾張名古屋は城で持つ

商大ワンゲル俺で持つ♪♪

が、所詮鉄筋コンクリート。

城の品格は松山城や高知城には遙かに落ちる。

(あくまでも個人的感想である)


御殿は改造中であるが、写真はフラッシュなしならOK。

文化財はこれでなくっちゃ。

 

モナリザさえそうなのに、ね。

 

2時間半ほど楽しんでさあ、徳川美術館。

 

Ecchanが源氏物語絵巻を預けているので、

確認しとってくれとの要望もあったが・・

本日は月曜日

で、休館日だった。ミュージアムハンターとしては迂闊であった。

 

残念。

 

で、高島屋の山本屋本店のみそ煮込みうどんとビール

「清洲城」かはたまた「ひつまぶし」か

 

2杯飲んだらどうでも良くなって、熱田神宮に決定

 

信長塀

 

宝物館にも入って観るのでなく、ただ見るだけ。

 

一時間半ほど散策して・・・

蓬莱軒のひつまぶしを食べに行こうとスマホを観ると

何と16:30までお休みだとか(×_×;)

 

 

セントレアで風呂に入ってさっぱりしてビールにひつまぶしといこうかい。

斯くして、農繁期における百姓モドキの二日間が終わった。

 

雑草を思えば・・・イヤイヤ思うまい。

 

明日は明日の風が吹く。
 

 

松山大学温山会東海支部総会&懇親会

  • 2016.07.16 Saturday
  • 23:30

「人も歩けば御縁に当たる」、何て言わないか・・・

「縁は異なもの味なもの」とは言うわいな。

 

昨年の12月30日、富士山女子大学駅伝の応援で出会いがあった。

応援に行った経緯は、以下により省略。

http://sizenno.kyo-chan.net/?eid=1106840

 

今回の御縁は、残念ながら、お・と・こ

東海支部の事務局長をしている重森さんと出会ったことが、名古屋までも出張る事になる。

 

案内状を出しますから・・

イエイエ、遠過ぎて清貧百姓には行けません。・・・

ワンゲルの先輩が駿東郡に居られますので住所を連絡します・・

 

 

マジに、案内状が来た。\(◎o◎)/!

金があれば、名古屋より横浜だろう!!

 

杉野さんが来られるとメールで連絡がある。

う〜〜ん、サプライズで行こうか?

 

そうだ、10年ぶりのひつまぶし、

そうだ、10年ぶりの矢場トンのワラジトンカツ

そうだ、未体験の名古屋モーニング

そうだ、徳川美術館と名古屋城

 

前日の夜に夜行バスで行き、当日の夜に帰れば安く上がれる。

よしこれでやろうと思ってかみさんに言うと

腰がダメになったら雑草はどうなるのよ!ってことで

 

我が目論見は却下され・・

名古屋は名古屋の風が吹く。

行き当たりばったりで、斯くの如くの次第となった。

 

前もって、杉野先輩の横に席をお願いをしておいた。

席表を見て杉野先輩は、非常に驚かれたとのこと。

やった!やった!

 

様々な方との出会いがある。

17期の大成氏と

 

グラス片手の山本先輩は水泳部で同級の渡辺と同部。

話が進む。

 



山根氏はワンゲル部近藤先輩と非常に仲が良いとか、

隣の席だった小原氏は小原教授の息子さんだったとか

 

初めて合う方でも、

旧知の間柄であるかのような話が同窓会の良さ。

 

 


あかねちゃんが抽選をして、支部長が発表という形で、

私にも商品が当たる。

 

みんなに当たるんだ!!

 

 

 

 ポンジュースとゼリー類はあかねちゃんにプレゼント。

手動の携帯LED懐中電池とトヨタカレーライス3箱持ち帰り

 

 将来の美人女優とツーショット\(^_^)/

 

 

 

 

結局、興梠温山会長や高原東京オフィス長、林専務理事は別にして、10数人とは話をしたか?。

 

 

 

忙しい重森副支部長と一言二言の話だけ。

 

12月30日に、又富士山女子駅伝に応援に行きましょう。

前日、29日に静岡支部総会をしますので案内状を出します。との事であったが・・

郵便料が勿体ないと御辞退。

小生は、清貧百姓モドキですぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

商大校歌、松山大学校歌、逍遙歌を絶叫してお開き。

 

 

二次会のお誘いは御遠慮して、杉野先輩と途中まで御一緒して別れる。

その時に、大須演芸場も面白いよと言うことで、立ち寄ることにする。

 


三味線の泰葉と落語の三遊亭歌司
ともにFB友達ではないが、生は良いもんだ。
また、聴いても良いと思った次第。


この後、ひつまぶしを食べに行くのは遠すぎる。

 

 

で、矢場トンのワラジトンカツ。


10年前は、余りの大きさに驚いたものだが痩せたなぁ〜。可哀想に政治が悪いからなあ〜。
ビール三杯とこれだけ。

 

 


今夜は、名鉄イン名古屋栄。歩いても近く。
ホテルに帰る途中は思わぬドキドキもあったが・・・まぜそばなるものを食べて、

良い子の清貧百姓モドキはまっすぐホテルへ。

朝まで爆睡。

夏のメインフラワー

  • 2016.07.13 Wednesday
  • 22:07

何てこったい!

 

侑馬山野草園、今の時期のメインフラワーのアップを忘れていた。

 

百一草園で買ったキレンゲショウマ

 

 

昨年は、芽が出てくる度に鳥に食べられて咲くことはなかった。

 

 

10株ほどになったが、花芽を付けているのは4株ほど。

キレンゲショウマウン?

ここでは、キレンゲユウマと呼ぶことにしよう。
 

他にも、咲いてはいるが・・・

一応アップしておこうか

 

橋本先輩にいただいて種から育てたオニユリ。

猪に荒らされて、

上手く育った分と成長が遅くなった分と虚しくなった分が

この一帯にある。

 

 


オニユリの上手と左手にはカノコユリ

ピンクの可憐なユリである。

 

これをシーボルトが持ち帰り品種改良したのが

 

かの有名な、カサブランカだという。


ノジギク、この昆虫が命を繋げてくれる。大事にしなくちゃ。

 

サルビア・ガラニチカ、と言うんだそうな。

山本氏のFBで知った。

 

母親はハーブの、メドーセージと言ってました。

どちらも間違いではないようだ。
 

侑馬山野草園は、昆虫が集まる、鳥が集まる、知らない花がいつの間にか咲いている、という

循環型の山野草園を考えている。

 

そのためには、花木と花と雑草と鳥や昆虫が共存できる環境でなければならない。

 

侑馬池にも、新たに10儻颪10匹、2儻颪250匹仲間に入れた。

すると、目ざとい可愛いカワセミがすぐに来るようになったし、あの憎らしいアオサギも・・・

 

 

何てこったい。

 

 

暑くとも花涼し・・つづき・・・

  • 2016.07.12 Tuesday
  • 23:23

何が何やらみんな咲いてゐる ー山頭火ー

 

夏の花もそれぞれに風情があり木陰で見ると涼しげである

 

今では指輪も・・・・

 

クチナシの白い花お前のような花だった

七重八重花は咲けども山吹の実の一つだに無きぞ哀しき

 

我が奈良郷、清貧百姓モドキの庭に咲くこそ相応しい。

ユリズイセン

なかなか名前を思い出せなかったが、

知人のお母上に教えていただいた。

白のカサブランカ

これが一番最初に咲く
次にピンクのカサブランカ

 

共に大輪であるが、もうすぐ小輪のカサブランカも咲いてくる。

要するに日本的には、ユリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダリア

 

優雅を感じる

毎年、7月早々に咲く。

秋の花という思いがあったのだが、移り気なる故か。
 

ヒメヒオウギズイセン

至る所、我が山野草園でもどこ彼処に咲いている。

それ故に品格を感じないと思っていたが・・・

どうしてどうして・・・・

 

しかも

ヒオウギズイセンと思っていたら違うみたい。

正しくは、姫檜扇水仙(ヒメヒオウギスイセン)らしい。

・・・・ズイセンかも知れない。

 

奈良郷山野草園では、夏の花は少ない。

暑い中を必死に咲いて、健気にも?命を次に繋いでいる。

 

刈っても刈っても雑草の山ー山尾火

 

雑草と違って、何と涼しく感じる事よ。
 

 

 

暑くとも花涼し

  • 2016.07.09 Saturday
  • 23:17

チンポコにも陽があたる夏草 ー山頭火ー

 

のどかではあるが、奈良郷は暑くて暑くて・・・

 

ただ暑く、夏の花は涼しげに居る ー山尾火ー

 

雨時々曇のち晴の奈良郷の山野草園に涼を求めた。

 

雨の時期には、思わず口ずさむ歌、歌詞が正しいか否かおぼつかないが、

 

♪♪雨に濡れてる掌に 1人泣いてる紫陽花

潤んだ瞳の切なさが・・♪♪

 

ヤブカンゾウ

山本氏に指摘されるまで、ノカンゾウだと思い込んでいた。
もう、他のヤブカンゾウは枯れてきている。

この子等ももうすぐ来年のために命を蓄える。
 

 

フウラン

宇和島では、花が咲いたのは1ヶ月ぐらい前だったか。

標高325m丸山の麓の奈良郷では、やはりそれなりに遅くなる。
 

眠たくなったので、後は気が向いたときに・・・続く

 

 

2016 田植え顛末

  • 2016.07.08 Friday
  • 19:50

JUGMの使い勝手が悪くなり、ブログアップをする意欲がなくなったのが4月の中旬。

 

辞めようか?、FBで十分かとも思っていたが、もう少しやってみるかとも思ったりして・・・

思い出しだし・・・

 

 

4月2日 田おこしが始まる。

 

今年は、畦板を漏水防止の為に準備した。百姓ならば冬の間にやっておくべき事であるが・・・

 

百姓モドキは、間際にならないとやらないという習性がある。

モグラが畝を走り、肝心なときに水が漏れて洩れて。
ず〜〜〜〜と、この黒い波板を埋め込んでいくのである。

この余分な作業がずっしっと掛かってくる。

 

世のなかは春一色。


百姓モドキに花見はない。たぶん。

 

 

4月4日 田圃に水を入れ、代掻きの準備。勿論雑草戦争は同時進行。

それ故に、百姓モドキたる所以でもある。(×_×;)

 

 水を貯め始めたら戦争状態。
   水を貯めてしばらく寝かす。

 

4月16日 やっっと、第1次田植えコシヒカリの部

レジェンドTokuchanの高速5条植田植機であっという間に4反ほどが終了。

ホンにあっという間。あれだけの準備が・・・・物足りないほど。

 

 

4月16日のコシヒカリの部終了後も、春の百姓ゴッコは何かと忙しい。

 

次の、幻の米?ミルキークイーンは米作り奇人?(笑)高木さんにお願いしている。

 

高木名人ということにしよう。

 

今年は、種まきが遅くなり引き続いて田植えが出来ない。

で、結局コシヒカリの部から約3週間遅れでミルキークイーンの田植えをしていただいた。

5月9日 高木名人の田植え姿

 

ということで、田植え休みで孫訪問。

5月14日〜5月17日まで極楽極楽。


これが何よりの休みだ



 

 

 

続きを読む >>

私は真面目なファーマーモドキ

  • 2016.03.06 Sunday
  • 21:03
 ファーマーには、春真っ盛りとでも言っておこうか。

少々遅いが、梅の木12本の剪定は終了。
栗の木の剪定は8本ばかり残っている。
放っておいても良いのだが・・
すればするほど、実は3Sが多くなりグー

一方で、ジャガイモを植えなければならい時期が来ている。
昨年は、遍路で何も出来たなったので・・・
メイクイーンと男爵を植えた。


隣りに植えていたタマネギは・・・
雑草天国になりかけ。
手前はホトケノザ。
綺麗なピンクの花を付け征伐するのを躊躇さす。

その向こうは、可憐な空色であるが大胆な名前、オオイヌノフグリ。

名前を呼ぶのには躊躇する。

何れにしても、雑草は征伐するしかない。
放っているとすぐに雑草に食べられる。

雑草征伐の址。

タマネギ敗れて残土有り
畝春にして草木深し

70%程度は、メキリ虫と雑草にやられてしまっている。

農薬は絶対嫌だから・・・
個人的には、そこまでして野菜を守りたくはない。













人間の安全安心の野菜であって欲しいから・・・
などなど、私は真面目なファーマーモドキ。


ある人に安全な野菜を食べさせたいからに他ならないが



そば・ソバ・蕎麦・・そば

  • 2016.03.04 Friday
  • 23:03
 小生のメン好きを、知っている者は知っているが知らない者は知らない。

最近は、日本ソバが3回、チャンポンが1回、うどんが1回と二筋。

2月28日
ソバ処名古屋権太坂店
侑馬と行った。侑馬はうどん。
食べ残しうどんの二筋を食べた。
辛い。お汁は飲めない。

具も食べた。聞いてはいたが何とこゆい味。
さすが関東のうどん。


私は、将軍そば。エビがデッカ〜〜イ。
そんなエビよりも四種類のそば。

ひっきりなしに客の出入りがある人気店。
それだけのそばの味。つゆもよかよか。

2月29日(月)
17:45 シニア割引の手続きをして5,000円を浮かし
66番ゲートの近く、あずみ野でソバセット。

19:20 最終便で帰るときはもっぱらここに決めている。
ここで酒でも飲めればいいのだが松山からは車。(×_×;)


3月2日(水)
横浜から遅れて帰ってきたかみさん、今日は外飯にしようと・・
私の食べたい物は・・・久しぶりの菊屋のチャンポン。



3月3日(木)
昨日、運転中にチラッと覗くと定休日となっている。
おかしいなあ?月火が休みのはずだが?
まあいいか!明日覗いてみるか、ということで3日。

暇を持て余し、写真撮りに狂っているSyoryuさんをソバ悦楽に誘う。
快諾だが、財布を忘れ若干の時間調
整を要す。

大将が言うには、体がもたんので1月から月〜水曜日まで休み。
週休三日制。なるほど。納得。


通常ここでの私はキジセイロ。いと美味し。

ウウ〜ン、たまりませ〜〜ん。
大盛り食べれば良かった。

信州信濃の新蕎麦よりも、ワタシャあなたの蕎麦がいい。
換言すれば??(笑)
日本何処の新蕎麦よりも、ワタシャ侑馬の「そば」が良い。



奈良郷食堂

  • 2016.02.26 Friday
  • 20:19
 本日のお客様は

ヒヨドリ
ハシボソガラス
スズメ
ホオジロ

庭でごそごそしたり
梅の木剪定したり
畑で野菜の周りの雑草引きしたり


で、スタッフもいなくて
「ご自由にお食べください」だったので
正確には分からないが・・・・


本日は、初めてのことであるが
相席をお願いした。
というか、勝手に相席で食べていただいた。

メジロが食べていたら集団でスズメが。

メジロは嫌がったが・・。













仕方がないかと諦めて














再び食べ始める。
数が物を言う。スズメの世界も・・・人間世界も醜い政党もある。
餌場を占領してしまったスズメ族


ここは俺等の独断場だ。

文句を言うのは誰だ。


そうは五十崎内子の手前。

みんなで、ある物をシェアして譲り合って食べるもんだ。


恐れ入りました。メジロ様。


メデタシ・メデタシ。

もうすぐ・・・

  • 2016.02.25 Thursday
  • 10:46
日が落ちると寒くて・・・
百姓ゴッコの職務意欲は萎える。

実感的にもうそこに春が見え隠れしているのだが。

一昨日も、昨日も、本日も寒い。
朝早くから奈良郷に行く気力は起きない。
百姓モドキ労働時間の基本はフレックスタイム制。
何ら問題はない。


で、テレビ番もがないので、最近の奈良郷を実況でもと思いつく。

鳥族の食事の順番は強い者優先のか?
 まずハシボソガラス。山には6羽ぐらいが巣を造っている。
リンゴが大好きで、輪切りにすれば咥えて運ぶ。

ヤツを追っ払うと、ヒヨドリが来る。彼も数羽が近くに巣を造っている。

二羽で来ることが多い。

5m程まで近づくと、近くの山桜の枝に逃げるか貴公子梅園まで飛んでいく。












そうすると、待ってましたとばかりにメジロがやってくる。
ヨッ!待ってました







そうしている内に、チュンチュン・チュンチュン・チュンチュンチュチュ
 昔は害鳥、今益鳥。自然界は上手くできているのだ。人間を含め生物・環境全てが関わりを持って生の連鎖を受けている。

米を食べるので害鳥などと一面だけで観てはいけない。

集団で、キンモクセイの樹木に集まって過ごしているようだ。
















 この方は誰だ?


この方が来たり、ホオジロがきたり・・・。


 写真こそ撮れなかったが、ケーン・ケーンとないで雉の雄が山野草園から伯耆神様の方に飛んでいったり・・・・



垂れ梅も満開間近。



















 


梅は散って桜の時代。もう春はそこにある。
嬉しいような・・・
雑草戦争・・・悲しいような

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM