奈良郷の春

  • 2017.03.08 Wednesday
  • 15:00

梅あまた咲いて奈良郷の春を知る ー本歌鳥ー

 

 

 

 

 

 

実できるかメジロ吸いつづく  ー山尾火ー

 

 

残月にもう少し活きるかと梅  ー山尾火ー

 

 

 

 

 

 

 

ヒヨドリの居ぬ間にはよはよメジロー山尾火ー

 

ヘルシー歴史ウォーク「笠置峠を歩こう」

  • 2017.03.06 Monday
  • 23:15

歴博イベントの後には、必ずアンケートが付いてくる。

 

あなたの興味は何ですか?がいつもいつも付いてくる。

いつも「古墳・山城」と書いてきた。

 

今年度、最後のイベントが歩いての古墳巡り。

何と言うことでしょう!!!

ワンダラー百姓モドキのために企画していただいたようなもの。

 

笠置峠古墳の前方部から後円部

 

古の遺構には妄想を増幅させる材料が積み込まれている。

百姓モドキもこの首長墓の末裔だとも・・・

DNAを調べてみようぜ!何か出るかも?

冨田学芸員さんは、歯を調べるのが一番簡単だと。

 

しかし、冷静になって考えると縄文原人短足族には馬は使えなかったであろう。

妄想は中断。短足ワンダラーに帰る。

 

3月5日(日)8:30 歴博駐車場を出発する。

古墳専門の冨田学芸員さんの挨拶

葉佐池古墳の時にも来て欲しかったなあ〜

 

今年度の最後の事業。しかも好みの事業。

天気も最高、言うことなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笠置峠古墳に隣接する宇和盆地と八幡浜を結ぶ里道、笠置街道を歩くのが目的。で、宇和盆地の古墳文化や街道にまつわる歴史も学ぶことが出来る。

 

 この事業もジオパークの研修活動ともリンクしているのであろう。ジオパーク認定・継続も厳しい事よ。


 

90ほどの古墳から3カ所、遺跡が1カ所。

 

岩木赤坂古墳

ナルタキ古墳群から2カ所

笠置峠古墳

 

と、西の前遺跡を見学することになっている。

 

ナルタキ1号古墳と内部

この裏に、2号古墳がある。

杉林の中には、

あと5つほどあるようだ。

(掘ってみたいなあ〜

 

次に、西の前遺跡

奈良時代から平安時代にあった岩城廃寺ではないかと言われている。

近くには、宇和郡衙があった可能性があるとのこと。

 

妄想は広がる。

予定よりも30分ほど早く出発し、笠置街道登り口に到着 9:45

前回行った三瓶神社の裏手に当たる。

標高GPSで230m MAPで220mと出る。そんなことを話していたら・・

地元の方が、ほらここが測量点と指さされ220mだと言われる。

 

ふんふん

(奈良郷は190m程度だから、30mの違いしかないのか?)

 

 

 

 

 

 

ここから、笠置峠古墳までは9つの見所があるの言う。

これもジオパーク関連観光興しか?

 

馬頭観音

清水地蔵

石畳

ものい嶽

古墳の窓

遍路墓

峠の茶屋

文さん井戸

峠の地蔵

で、上がりが笠置峠古墳ってか?(笑)

 

チンタラチンタラ登って50分。

 

ものい嶽で休息、前期高齢者級の参加者ですから。

その間に、小生と松山からの後期高齢者氏だけがものい嶽調査。

宇和盆地が一望できる。syoryuさんの垂涎の撮影ポイントとなるであろう。

たぶん・・・ガスって来ればの話かな?

 

文さん井戸は大したことないと宇和の方が言われるのでスルー

 

峠の地蔵さんも、真しやかな言われはあるが、う〜〜ん。

ま、いいか

 

10:40到着予定よりも1時間以上ゆとりあり。

 


10:50 後円部を背に説明をしている冨田学芸員さん。


 

 11:00 少々早いが早弁としゃれ込む。

  本日の百姓モドキのメインディッシュは、喫茶山野の豪華ちゃんカップ麺

  これが山野で食べると、ことさら美味。トレビアーン!! (御大尽様には解らないだろうなあ〜)

 

 

 

12:35 八幡浜市釜倉着 予定よりも1時間半ばかり早い。

早いのは良いことだ。歴博に帰って事後説明を受けることにする。

 

「特別展 えひめの古墳探訪」

4月9日まで展示中 

 

タイムリーな説明となる。佳きかな良きかな!!

 

カタリナ短大ワンゲル部OBのお姉さん

  • 2017.03.03 Friday
  • 23:04

昨日、急に思い付いて松山に出かけた。

と言うよりは、単に雨だったのでかみさんの運転手を買って出ただけ

 

かみさんはかぐや姫で、小生は白いワイシャツとどさん子ラーメン。

 

どさん子ラーメンには長い間行ってなかった。

今風の特別な美味なラーメンというわけではない。

 

それよりも・・・・

昔々、ダンボのママであり、それよりも昔昔昔、カタリナ短大ワンゲル部員。

 

我が現役の頃には卒業されていてOBとしての付き合い。

知り合って50年になるかな?

 

ラーメン食べながら・・・話して

餃子食べながら・・・・・話して

おでんを食べながら・・・話して

 

話していて若いOBの話になって、女子入部の話も出てきて・・

前回の松山でのOB会の話で、山本さんの話も出て・・

 

急に阿部さんの写真を思い出した。

阿部さんに写真を送って貰ったのに、ブログにアップしてなかった。

58年卒 阿部 哲也君

 

 

 

平成23年11月27日で メール返信で送っていただいた。

 

写真掲載、もちろんOKです。

なお、大雪には夫婦2人でちんたら山行でした。

 

松山商大ワンゲルOB、それぞれ山も頑張っていますな。

 

昔の話をすると、元気が充填される。

年取った証左かも・・・

まだまだ、お山も頑張ろう!!

 

 

 

 

 

 

愛媛マラソン応援の予定が・・・

  • 2017.02.16 Thursday
  • 22:36

愛媛マラソンでは、トップイン予約と岩橋ゼミ卒生の応援が定番。

が、今回はワンゲル部の1年後輩が出走することになった。

世の中は、ワンゲル部OB会優先の原則が適用される。

 

 

まず、12月に予約。朝食サービス付きの4,000円。清貧百姓モドキには嬉しい値段設定。

応援席は、北条のフジ夏目店前。

 

などと段取りはPerfectだったが・・・・

 

ところが最優先事項が入ってきた。叔父の49日法要と納骨。

開始時間を考えると応援タイムは無理。

 

もし・・・所定の場所で応援できていれば・・・

もし・・・何てことは意味がないけどね。

Tabuchi御夫妻に会えたのになあ〜、残念!!

 

で、ゴールで出迎えすることにしたが終了したのが14:40。

ホテルに車を入れて堀之内に向かって歩いていたら、

相原先輩より電話。ホテルに向かっているとのこと。

 

山下君はゴールしているであろうし、・・・・・

今年の応援はなかったことにする。

ともにホテルに帰り、疲れ果てた先輩はワンビアで疲れを誤魔化す。

タイムは、4時間58分。今までに比べて少し悪いか?

心なしか、肩が寂しい(笑)

 

 

さて、小生は17:00から「まる半」で慰労会兼お久しぶり会。

出席者は、4時間9分の48年卒山下君他8名。

 


47年卒 田中・八田・私

48年卒 山下・高橋・廣野

49年卒 仙波・湯上

50年卒 鍋島、

50年卒西川君は所用で来られなかったのが残念だった。

 

 

17:00〜20:00過ぎまで、昔話に盛り上がり・・・

笑って・・笑って・・しんみりして・・笑って

 

 来年もやろうということになった

 ウルトラマラソン派の48年卒の岡村君も呼び込もうとなった。

    来たれワンゲル部OB

 

 

左より 高橋・山下・廣野・仙波・田中・湯上・八田・鍋島・貴公子

 

その後、相原先輩に合流すべく一番町の地酒の店まで得意のワンデリング。

着いたときには、閉店前10分。

チョット、足が短かったか?

 

山岳部OBのお歴々、浜田氏・峯本氏・相原氏。
 

昔々、部室が隣だったので共通の友人について思い出話の花が咲く。

岩橋ゼミ10期生で山岳部OBの武田豊明氏は愛媛国体の件で東京出張。

会えずに残念であった。

 

清貧百姓モドキ故に、酒を3杯おごっていただいた。

浜田氏の酒も残っていたので、許可を得て流し込む。

 

ウッドストックも休みであるし、近くのホテルまで相原氏と歩いて帰る。

こんなに早く帰って良いのだろうか?

 

誤解されては困るので、部屋は勿論別であると明言する。

 

 

 

 

土佐礼子と松大駅伝ガールズを囲む会

  • 2017.01.24 Tuesday
  • 23:58

1月14日(土)

Kakuchanから土佐礼子を囲む会に出ませんか?

駅伝ガールズの3名も来宇しますとお誘いがあった。

 

勿論、願ってもないこと。我輩には否応はない。

 

日時は1月20日(金)19:00頃〜

ありゃりゃ、これで3日繋がった。

一昔前の現職中にもあるかなしかの三連ちゃん。

中低年にはちょとキツイかなあ〜

々盥仔荏覯饅猗会(二見)          

土佐礼子を囲む会(ガイヤ)        

ネット研新年会(台湾創作料理Ryu) 

 

27名程度と聞いていたが、どんなメンバーかは聞いていなかった。

集まってみると、場違いではあるが何名かは顔見知り。

 

まあ〜我が立場は、松大女子駅伝部南予地区私設応援団

文句を言われる筋合いもないだろう。なんて我が心を励まし宴に溶ける。

 

 

19:00過ぎ 村井コーチ&土佐礼子家族とガールズも到着し開宴。

 

いつの間にか実行委員長になっていたという河野氏挨拶

 

村井コーチによる選手紹介

中原、上原、三島選手を紹介

 


 

最後の挨拶を土佐礼子さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ交流もあって、写真も多々あるがカットカット

 

 

翌日は、第7回駅伝交流駅伝大会、一応覗いてみるかと陸上競技場 8:40

 

子ども選手に比べてゆとりの駅伝ガール。たまには、こんな事もなくてはね。

 

 で、子ども達の成績は

    女子の部 1位 番城A 2位 番城B 3位 明倫A   

混合の部 1位 清満A 2位 番城A 3位 和霊A

男子の部 1位 明倫A 2位 和霊A 3位 番城A

 

初めて見学したが、子ども達は驚くほど早い。

この中から、第2第3の鈴木健吾が出てくることが期待できよう。

 

午後からのネット研のために11時過ぎには会場を後にしたが、最後まで見たいという気は・・・

後ろ髪を引かれる思い。

 

忙中閑有り。昨夜からの夢の続きの午前中。

 

後日談もある。

松大駅伝ガールズの二人がインフルエンザに罹っていたというオチが付いた。

これは、松山で罹患し宇和島で活躍し松山に帰って発症したということか?

 

宇和島に駅伝旋風をばらまいて・・インフルエンザは?

広まっているという情報はない。

 

 

 

 

     

 

 

 

 

2016 富士山女子駅伝 何が起こるか・・

  • 2017.01.16 Monday
  • 21:48

温山会林専務理事に誘われての1年目。

ゼミの恩師、岩橋先生が初代部長ということで、行かずばなるまいと参加。

この応援で、名古屋の重森氏と御縁ができて・・・・・・

東海支部総会に招待されて、8月にはのこのこ参加をしたりして。

 

今回は応援2回目。

重森氏にも杉野先輩にも再会。

しかし、応援はもう十分でしょう。これで尾張にしようと参加。

 

応援担当区は、2区であったのだが4区がドタキャンで人数が減り、

2区は急な応援者が入ったために、当日4区にメンバー変更。

なーんちゃって、駅伝ぽい表現

 

 

地域の方も子ども太鼓連も松大を応援。

かなえ介護施設の方々も松大を応援。

 

 

 

 

地域の方の応援も届かず、4区で逆転を許す。

 

通過した後すぐに富士市役所に向かうが、5区はすでに通過した後。

 

今年も末包さん運転のマイクロバスのお陰で小回りの効く応援移動が出来る。

7区に向かうまでに、車内のテレビでエース中原の走りを見ることが出来た。

 

駅伝は何が起こるか判らない。

仙台では大きく出遅れたのを彼女がカバーしたのだが・・・

2冠を意識した気負いが走りに変調を来したか?

6区の上原にトップで襷を繋げようとしたのか?

 

6位にまで順位を落としたのが分かった。

 

走りが止まるような・・・

今にも倒れ込むような・・

ガンバレガンバレガンバレ、祈りにも似た想い

あと300m、両腿をパンパンと叩いた映像が映る。

最後の気力を奮い立たせたか?

襷を6区の上原に繋いだ、否、繋ぐことが出来て倒れ込む。

 

富士運動公園の近くに卸していただき沿道の応援場所に向かう。

昨年と同じ最後の急な登りのところで場所を確保。

 

6区の上原が仙台の挽回とばかりに3位にまで順位を上げたことがスマホで確認。

他の応援団にも情報が次々と入ってきているようだ。

7区の松田も3位をキープしている情報も入る。

ホッとした空気が流れる。

 

松大3位の表彰式

 

当日の記録は
1区(4.1K)   高見澤安珠  12’42″   区間賞 
2区(6.8K)   高見沢里歩  21’19″   区間賞 
3区(3.3K)   藤原あかね  10’25″   区間3位
4区(4.4K)   古谷  奏  14’28″   区間3位
5区(10.9K)  中原 海鈴 38’50”       区間16位
6区(6.0K)  上原明悠美  19’38″   区間賞
7区(8.3K)   松田 杏奈  30’35”     区間5位

 

 

 

選手全員の記念写真

 

監督の言葉や選手達の一言・決意表明に涙が落ちる

 

 

中原の状況や襷を幻の8区4年の補欠三島に必ず繋ぐという想いを聞き・・

涙は止まらない。気が付かれないように下を向いたり遠くを見たり・・

 

 

今年で応援は終わりにしようと思っていたが・・・

 

 

あとは、さあ湯らぎの里温泉と丸天で懇親会。

 

いろいろ書きたいことも多々あれども、明日は歴博友の会。この辺で寝るとするか。

 

あれやこれやで、繋がりもできて尾張も遠くなりにけり?(意味不明)笑

 

2016 富士山女子駅伝 序章

  • 2017.01.16 Monday
  • 01:19

今年も富士山が姿を見せてくれた。

 

富士宮に又来て覧れば白妙の神の高嶺に雪を被せり

 

今年も来たゾー、富士山本宮浅間大社。

 

もちろんお詣りじゃない、2015大会に引き続き駅伝応援2回目。

 

仙台に引き続き2冠を見ることが出来る、はず。

応援団の思いは同じ!

 

 

ところが、出発する29日の16:30 松山の叔父の訃報が入る。

あっ、これで応援は終わったと思ったが・・・・

斎場の関係で葬儀は年明けになるという。

 

すぐ弔問に向かって・・・技間ほどで辞し・・

松大に車を置いて、1時間少々を有効に使うためにタクシーで・・

ウッドストックで叔父を想い一人酒、兼ねて睡眠導入剤を五杯だけ。

21時にタクシーを拾い松大へ集合時間の10分前着。

 

21:30    出発 普通の観光バスでトイレなし。

 

何ともかんとも酷なこと。

 

 

狭い車内で気を付けなければならないこと。エコノミー症候群。

足の運動のために、3回ほどパーキングで足を伸ばしマッサージ。

足を伸ばせるバスがひたすら恋しい。

後で、聞いたところに拠るとその手のバスは・・・

年末年始は不足して、通常観光バスを長距離用にも格安で使用するとのこと。

 

 

そんなこんなで走り続け・・・

5:40 静岡SAで時間調整の休憩と朝食

うどんと卵丼?だったか・・・記憶にはない。

二度と食べないぞとの記憶はあるが・・・

 

で、7:30 富士宮市に着いた。

さあ、長い一日が始まる。

 

   松大女子駅伝部ファイト 応援団ファイト

 

平成28年 わだちの会

  • 2016.12.08 Thursday
  • 22:21

平成28年12月3日(土)

 

この日は、高校50周年同窓会の打合せが16:30から入っていた。

 

ところが、わだちの会の開催がこの日にダブってしまった。

 

松山に行って飲むならのなら、夜のネオンも楽しまなくては・・が基本。

 

どうしようか欠席かな?と悩みに悩んで・・・参加。

 

車で行って、ネオンは諦め飲み会でもウーロン茶。

 

車で行けば背水の陣、14:30には退席する。

 

11:30前に会場の友輪荘に到着。

 

お釣りの要らないようにとの指示を守っていなかったので・・・

 

下の喫茶店で時間調整と会費合わせのお釣り確保。

 

nagai氏やsyunchan、yamasita氏やkanaji氏としばし懇談。

 

会費が出来たので早めの受付。

 

幹事のMaeda氏とSinozaki女史。毎年変わらぬ構図。

 

 久しぶりのkitani氏も参加だが・・話は厳しい内容。

FUkuda氏も久しぶりか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Azuma会長も朝5種類の薬愛好家になっていると挨拶。

ある面不健康が自慢げ?に話される方もいる。(笑)

 

 

 Ochi副会長も多様な生き様。人間斯く在らねばならぬ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  新加入の二人、それぞれの人生                 それぞれと情報交換する時間もない・・・

 

 

今年もお疲れ様。ここに参加することが元気で活きている証左。

来年も参加できますように?といえば年寄り臭いか?(笑)

 

 

 

ただ、気がかりは参加予定になっていたI女史が少し遅れると連絡があったのに、来られなかったこと。

だんだんそのような年齢になっていく会員。

 

さてさて・・・・・・・・・・・・・・・・、どうしようか?

 

 

 

 

 

 

森下ワールド ー森の精修行中さんの嶺北ー

  • 2016.11.29 Tuesday
  • 23:01

森下氏は、画家であり森林セラピストであり、

原生林で出会った森の精になるべく修行中の身である。

 

仕事は・・・・、個人情報に属するので紹介はしない。

 

 

彼はアカガシが大好き、と言う。

絵画作品もアカガシの大木が多い・・ような気がする。

 

 

イラストマップでは、いただいた物では四万十流域がダントツに多い。

 

森林セラピストとしても梼原を中心とする森に魅力を感じられているのではないだろうか?

 

 

「森の風が届きますように♪」と囁きかける。

四万十川流域の「森音・水音・風音」を聴きましょうという。

耳を澄ませて・・・

心を澄ませて・・・

 

 

今回、見知らぬ「ひかる」さんから2011年のブログにコメントが届いた。

http://sizenno.kyo-chan.net/?eid=1106407

 

 

で、要望に応えて彼の作品から嶺北を選んでアップする。

これ以外にも、送って貰っていない作品もあるかも知れないが、

傾向を知るならとしてはこれで十分だろう。

 

 

 豊潤の森・麗し三嶺                 豊潤の森・麗し三嶺2

 

 稜線山歩 白髪山〜剣山

                                 稜線山歩 綱附森〜天狗塚


 

 

天空の花園石立山

松山商大ワンダーフォーゲル部53年卒生のこと

  • 2016.11.26 Saturday
  • 23:53

53年卒大石君の劔岳写真を契機にOB名簿を繰ってみた。

 

年食って、思い出に浸る様になったのか?

 

Kamikawa君(故人)

Tanaka君

Saitou君

Inoue君

Ohishi君

Hatayama君

 

この名簿を見て、東赤石山系での新人合宿に付いていったのを思い出した。

卒業できていたのに何故?
無理矢理入り込んだのか?誘われたのか?何故行ったのか?
まあ〜、それはさておき・・・・
大石君は剱岳ワンデリングの1ヶ月後には
やはり、石鎚の紅葉を見ていた。

 

鶴の子頭手前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  東陵コースを行った様だ。


 

南尖峰

 

 

 

 

 

 

 

 

                                天狗岳より南尖峰

     

      天狗岳・弥山を望む

 

スカイラインより石鎚東陵

 

 

   石鎚錦繍

 



 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM